12月16日放送のNHKストーリーズ のぞき見ドキュメント 100カメ「阪神タイガースファン」』に、オードリー若林正恭が出演した。

【別の記事】オードリー若林を春日の妻が誘惑?二人きりの時にとった“ある行動”を明かす「すごい脚を…」

番組では、甲子園、街の居酒屋、お茶の間などあらゆる場所に100台のカメラを設置し、阪神タイガースファンの姿を撮影して放送。この中で、VTRスタジオで見ていた若林が、阪神タイガースファンだったという父親について語る場面があった。

若林は、「うちの親父にね、子供のとき聞いたことあったのよ」と切り出し、「阪神が、俺が小6とか中学のときは弱くて」「なんでこんな弱いチームを応援してるんだろうなと思って聞いたの」と振り返った。

この問いかけに、若林の父親は「馬鹿野郎」「勝つのが難しいことを阪神を通して学ぶんだ」と返してきたと明かし、若林は「大人になって思うねやっぱり、勝つのって難しいね」とコメントし、笑い声をあげた。

オードリー若林、野球を通した“父の教え”を明かす「大人になって…」