2020年に開催される東京五輪を目前に控え、大会を盛り上げる聖火ランナーが各都道府県で発表されています。それぞれの地元出身の著名人などが名を連ねており、ミドルエッジ世代であれば誰もが知る方々もいらっしゃいました!

東京五輪の聖火ランナーが続々と発表される!!

2020年に開催される東京五輪を目前に控え、大会を盛り上げる聖火ランナーが各都道府県で発表されています。それぞれの地元出身の著名人などが名を連ねており、ミドルエッジ世代であれば誰もが知る方々もいらっしゃいました!

【悲報】ふなっしーは落ちたようです!

宮崎県においては、80年代マラソンで活躍した宗茂・猛兄弟や、1992年バルセロナ五輪において「こけちゃいました」の名言を残した谷口浩美が選出。そして神奈川県では「プリンセス プリンセス」のドラマーとして一世を風靡した富田京子が選出されました。その他、茨城県では宇宙飛行士・毛利衛、愛知県では元ゴールキーパー楢崎正剛らが選出。ミドルエッジ世代であれば思わずニンマリする名前が散見されました。
 (2158022)

聖火ランナーに選出された富田京子

※富田京子オフィシャルブログより。
出典 ameblo.jp

1998年の「長野五輪」で聖火ランナーを務めた著名人って?

現在大いに盛り上がっている聖火ランナーの発表。それは1998年に開催された長野五輪においても同様でした。では、長野五輪においては誰が聖火ランナーを務めていたのでしょうか?ここで何人かご紹介したいと思います。

伊藤みどり

 (2158041)

島崎和歌子

 (2158044)

さとう宗幸

 (2158046)

中山エミリ

 (2158050)

堂本光一

 (2158054)

中島史恵

 (2158057)

長野五輪で聖火ランナーを務めた方々ですが、フィギュア界のレジェンドとして君臨していた伊藤みどりをはじめ、堂本光一、中山エミリといったトップアイドルヨネスケそのまんま東、森脇健児といったバラエティ勢、さとう宗幸、松崎しげるといった歌手が参戦していました。なお森脇健児については、今回の東京五輪でも大阪府で聖火ランナーを務めるとのことです。

五輪の前哨戦である「聖火リレー」。ぜひ注目したいところです!

聖火ランナー気分を味わいたくなった方はこちら!

Amazon | Fun Central AY956, 33cm LED Olympic Torch Light, Olympic Decoration, Olympic Party, Olympic Torch, Outdoor Activities, Olympic Flame, and Giveaways | ぬいぐるみ | おもちゃ (2158105)
出典 amzn.to

Amazon | Fun Central AY956, 33cm LED Olympic Torch Light, Olympic Decoration, Olympic Party, Olympic Torch, Outdoor Activities, Olympic Flame, and Giveaways | ぬいぐるみ | おもちゃ

2,980
販売サイト

おすすめの記事はこちら!

幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について - Middle Edge(ミドルエッジ)

幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について - Middle Edge(ミドルエッジ)
オリンピック史上最大の衝撃と言われる1988年ソウルオリンピック陸上100m。ベン・ジョンソンが9秒79の世界新記録で優勝したが、筋肉増強剤の使用が発覚し金メダルを剥奪、記録も抹消された。後に語られたこの事件におけるカール・ルイス陰謀説や、日本のバラエティ番組での活躍、ベン・ジョンソンの現在について徹底紹介。

リレハンメル五輪直前に起きた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」疑惑のライバル、ハーディングのお騒がせ女ぶり - Middle Edge(ミドルエッジ)

リレハンメル五輪直前に起きた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」疑惑のライバル、ハーディングのお騒がせ女ぶり - Middle Edge(ミドルエッジ)
1994年に開催されたリレハンメルオリンピック。その直前に、女子フィギュアアメリカ代表権をかけて一つの事件が起きます。それが「ナンシー・ケリガン襲撃事件」でした。ケリガンのライバルであるハーディングの元夫が起こした事件についてまとめます。

【訃報】50年以上オリンピックを応援し続けた「五輪おじさん」こと山田直稔さん死去。彼が声援を送った歴代五輪とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)

【訃報】50年以上オリンピックを応援し続けた「五輪おじさん」こと山田直稔さん死去。彼が声援を送った歴代五輪とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)
1964年の東京大会以来50年以上にわたりオリンピックを応援し続け、「オリンピックおじさん」の愛称で親しまれてきた実業家・山田直稔さんが、9日に心不全のため亡くなっていたことが明らかとなりました。92歳でした。

元のページを表示 ≫

関連する記事