PCオンラインゲームリーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends、以下LoL)の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、本年10月から11月にかけてベルリン、マドリード、パリで開催されたLoL最大の世界大会『2019 World Championship』(以下、WCS2019)の視聴量や大会記録などのさまざまなデータを公開します。
◇ 記録を更新したWorld Championship

2019 リーグ・オブ・レジェンド World Championship Moments & Memories
WCS2019は、LoL世界王者の称号と優勝トロフィー(サモナーズカップ)を懸けて、世界13地域のLoLプロリーグに所属するトップ24チームが参加しました。G2 EsportsヨーロッパリーグLEC代表)とFunPlus Phoenix(中国リーグLPL代表)による決勝戦は、リーグ・オブ・レジェンド史上最大の決戦となりました。それぞれが地元地域リーグの王者としてFinalに臨んだこともあり、両チームファンが寄せた期待は大きなものとなりました。決勝会場のAccorHotels Arena(パリ)を埋め尽くしたファンが優勝候補本命と見ていたのはLEC Spring/Summer Splitを連覇し、2019 Mid-Season Invitationalも優勝してきたG2 Esportsでしたが、LPL Summer Split王者FunPlus Phoenixは快勝を重ね3-0で圧勝。大興奮の観衆を前にサモナーズカップを掲げ、リーグ・オブ・レジェンド世界王者の称号を手にしました。

Riot Gamesは全世界16言語、20以上のプラットフォームで放送された決勝戦の後、数週間をかけて視聴量データを分析し、全世界合計視聴量を算出しました。データの集計・検証・標準化の結果、決勝の平均視聴者数/分(Average Minute Audience 、AMA)は史上最高の2,180万人を記録、最大同時視聴者数は4,400万人となりました。 また、ベルリン、マドリード、パリの3都市で開催されたWCS2019は、合計120試合を実施、大会期間5週間で全世界のファンが放送を視聴した時間は10億時間以上となりました。
WCS2019はステージを超えた広がりを見せ、パリ市内/世界各地でさまざまな活動やパフォーマンスが行われました。本イベントファンパートナーアーティストによって巨大なカルチャー体験へと進化したと言えるでしょう。WCS2019では、「Louis Vuitton」が過去前例のない取り組みとして、優勝トロフィーのサモナーズカップ専用のLED内蔵トロフィートランクを制作しました。

また、Louis Vuittonウィメンズ・コレクション部門でアートディレクターを務めるNicolas Ghesquière氏デザインの、キヤナ(LoLキャラクター)のゲームプレステージスキンと、LoLに着想を得たカプセルコレクション(ファッション業界用語でコラボレーションに基づく期間、数量限定コレクションのこと)もリリースされました。
パリで開催されたWCS2019のFinalでは、前日のプレスカンファレンスがエッフェル塔で行われました。
Mastercard」の協力によりHôtel de Villeの外にEsports Villageが設置されたほか、17の国や地域にある151映画館でビューイングパーティーが開催されました。
WCS2019のグローバルスマートフォンパートナーとなった「OPPO」は、FunPlusPhoenixの優勝を祝福し、上海環球港のツインタワーチームの画像を投影しました。
世界13の地域リーグで通算約1,000人のプロプレイヤーがWCS2019出場を目指しました。フランス・パリの会場AccorHotels Arenaで行われたG2 Esports対FunPlus PhoenixFinalは満員御礼の大盛況となりました。
World Championship開会式でデビューしたTrue Damageは、リーグ・オブ・レジェンドチャンピオンキャラクター)で構成されたバーチャルヒップホップグループです。True Damage は、SNSでも圧倒的な注目を集め、イベント会場へ向かう様子を描いた画像はInstagramで50万いいねを集めたほか、Twitterでも#Worlds2019がトレンド1位を獲得。RedditおよびWeiboでもトップに上がりました。
World Championshipリーグ・オブ・レジェンド競技シーンの最高峰を決めるイベントです。この大舞台を目指すべく、世界各地では公式地域リーグチャレンジャーリーグナショナルリーグ、学生プログラムなどが主催するトーナメントが多数開催され、数多くのプレイヤーeSportsスターを目指して競い合いました。これらのプログラムはやがてサモナーズカップを掲げることになる次世代の才能を育んでいく上で欠かせないものです。2019年10周年https://jp.leagueoflegends.com/ja/tag/riot-pls)を迎えたリーグ・オブ・レジェンドは、36の都市で60種以上のイベントが開催され、ファンプレイヤーの両方にリーグ・オブ・レジェンドeSportsを体験する機会がもたらされました。
来年の第10回World Championshipは中国で開催予定です。
◇日程と開催地
プレイインステージ
10月2日~5日、7日~8日(ドイツベルリン / LEC Studio
グループステージ
10月12日~15日、17日~20日(ドイツベルリン/ Verti Music Hall)
ノックアウトステージ
Quarterfinal
10月26日~27日(スペイン・マドリッド/ Palacio Vistalegre)
Semifinal  
11月2日~3日(スペイン・マドリッド/ Palacio Vistalegre)
Final    
11月10日フランス・パリ/ AccorHotels Arena

◇参加チーム(13地域 / 24チーム
韓国 (LCK) 
●SK Telecom T1 ●Griffin ●Damwon Gaming
中国 (LPL) 
●FunPlus Phoenix ●Royal Never Give Up ●Invictus Gaming
ヨーロッパ (LEC) 
●G2 Esports ●Fnatic ●Splyce
アメリカ (LCS) 
Team Liquid ●Cloud9 ●Clutch Gaming
台湾、香港、マカオ (LMS) 
●CTBC J Team ●AHQ E-Sports Club ●Hong Kong Attitude
ベトナム (VCS) 
GAM eSports ●Lowkey Esports
東南アジア (LST) 
MEGA
ブラジル (CBLoL) 
Flamengo Esports
ロシアを含む独立国家共同体 (LCL)
Unicorns of Love
日本 (LJL) 
●DetonatioN FocusMe
ラテンアメリカ (LLA) 
●Isurus Gaming
オセアニア (OPL) 
●MAMMOTH
トルコ (TCL) 
Royal Youth

◇国内放送チャンネル
ライアットゲームズ公式Twitchチャンネルhttps://www.twitch.tv/riotgamesjp )*無料
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマーマーク・メリルとブランドンベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界23ヶ所にオフィスを展開。(2019年10月現在)日本オフィス2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービス2016年3月より開始。
ライアットゲームズhttps://www.riotgames.com/ja
Twitterhttps://twitter.com/riotgamesjapan
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTSリアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンドhttp://jp.leagueoflegends.com/
Twitterhttps://twitter.com/loljpofficial



配信元企業:合同会社ライアットゲームズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ