12月17日の『週刊文春デジタル』が、女子プロレスラー・ジャガー横田の夫であり医師でタレント活動もしている木下博勝氏が勤務していた病院スタッフへの壮絶なパワハラ疑惑を伝えている。テレビ番組などで木下氏は恐妻キャラジャガー横田に頭が上がらない夫というイメージだが、今回の報道を受けて「恐妻家ビジネスのため、実際は逆だと思う。この人の浮気の時くらいから、みんなうすうす感じてるけどね」と2014年に報じられた木下氏の不倫騒動を思い出した人も少なくないようだ。

週刊文春デジタル』によると、木下博勝氏から2年間も毎日のように怒鳴られ、時には暴力を振るわれたという准看護師弁護士と相談し、訴訟の準備を進めているという。しかもこの2年間で「木下氏と一緒に仕事をしたくない」と複数の同僚医師や看護師、事務員が辞めているそうだ。また木下氏に対して、不信感を口にする患者も少なくなかったとしている。なお木下氏が所属する事務所の回答では、「暴言や、まして暴行など事実無根です」と准看護師の証言を認めていない。

最近では2018年9月から『スッキリ』(日本テレビ系)内で放送された、木下・ジャガー夫妻のひとり息子の中学受験密着企画が高視聴率をマーク。早朝から受験勉強に付き合ったり、心が折れそうになる息子を励ましたりと木下氏の良き父親ぶりに、好感を持った視聴者も多かったのだが…。

今回のパワハラ疑惑報道に5年前の木下氏の不倫スキャンダルを思い出し、ネット上では「彼は変わっていない」とする声が見受けられる。まだ歩けない長男を早期教育で有名な幼児教室に通わせ、3歳になる年から塾に近いカリキュラムの幼児教室、翌年からは英語を習いに行かせたのも木下氏の強い要望からであった。

ジャガー横田の公式ブログジャガジャガジャーン!おもちゃ箱』には、インターナショナルの幼稚園に入園後は国語と算数の塾に週2回、英語も週2回習わせていることを明かしていた。2009年8月のブログジャガーは、自分が生まれ育った家庭は経済状態が大変厳しかったことから「私は家の事情で保育園幼稚園も行っていません」と告白している。後に卓球で推薦入学が決まっていた高校を諦め、全日本女子プロレス入りしたのも家庭の経済的負担を軽減すべく自ら決断したものだった。だが苦労して4人姉妹を育ててくれた親への感謝をジャガーは忘れたことはない。

幼い頃から英才教育を受けて育ち、その道は間違っていなかったと信じる木下氏の息子への教育方針に、勉強に関しては自分より多くの経験をしている夫の意見を尊重し、従うことに決めたジャガー横田。しかし2014年の愛人騒動で女性は証拠となる写真やLINEでのやり取りを公開し、そのなかには妻に対しても当時7歳になる長男の父親としても、許し難い文面があったのだ。

ネット上では「不倫のやりとりも高圧的だったし、面倒な人なんでしょう」「浮気相手に男の子を産んでとか、不妊治療経験のある奥さんがいるのに相当無神経だし、思いやりが全然ない人だなと思ったから、赤の他人にこんな態度でも驚かない」「不倫してましたよね? 何年か前に報道されてましたよ。LINEで、ジャガーさんの悪口を書き連ねたりして…」「ジャガーさんが一番我慢していると思う」と2014年の不倫報道と今回のパワハラ疑惑を重ね合わせ、ジャガー横田を同情する声が数多くあがっている。

画像は『JAGUAR横田 2019年9月5日InstagramHBC北海道放送「防災特番」久し振りに夫婦で出演させて頂きました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト