日本航空JAL)が出資している中長距離格安航空会社LCC)の「ZIPAIR(ジップエア)」が2019年12月18日、20年就航予定の飛行機成田空港でお披露目した。

JALで使用されていたボーイング787-8型機2機を改修して導入予定で、そのうち1機の改装が完了した。JAL時代よりも座席数は1.5倍に増えたが、前の座席との間隔(シートピッチ)は他の多くのLCCよりも広く、全席にコンセントも備えた。上級クラスでは、LCCとしては珍しいフルフラットシートだ。

ギャレーを減らし、列増やして座席数を1.5倍に

ビジネスクラスにあたる「ジップフルフラットZIP Full-Flat)」(18席)と普通席にあたる「スタンダードStandard)」(272席)の2クラス、計290席を備えた。JAL時代は186席(ビジネスクラス30席、エコノミークラス156席)だったが、ギャレー(厨房)の数を減らしたり、2-4-2だった普通席の配置を3-3-3に変えたりして、座席数を増やした。

コンセプトは「長時間のフライトでも安全、快適な機内空間」。「ジップフルフラット」はその名のとおり、座席が180度倒れるのが特徴。座席カバーには本革を使って高級感を演出した。「スタンダード」も座席は黒が基調。前の座席との間隔(シートピッチ)は約79センチで、座席の幅は約43センチある。JAL国内線エコノミークラスの最新型座席はシートピッチ約84~86センチ、座席幅が約47センチだが、多くのLCCの座席のシートピッチは約74センチ、幅が43センチJAL時代よりも若干狭いが、一般的なLCCよりは余裕がある配置になっている。個人用モニターはつかないが、通常のテーブルの上に「タブレットホルダー」と呼ばれる小さなテーブルが出るようになっており、持ち込んだスマートフォンタブレット端末を置けるようになっている。

モニターがなくなったことで飛行機の重さはJAL時代よりも0.5トン軽くなり、その分燃費の向上が期待できるとしている。

運賃やサービスの詳細は20年春に発表予定。ただ、運航会社「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」の西田真吾社長によると、「ジップフルフラット」は1席あたりの専有面積が「スタンダード」の3倍程度あるとして、「それに見合うような運賃をいただければ」としている。

外装では、垂直尾翼にシンボルマークの「Z」を入れた。機体側面にはグリーンラインを入れて、ブランドの語源のひとつでもある、矢が素早く飛ぶ様子(ZIP)を表した。

ZIPAIRは20年5月14日に成田-バンコクスワンナプーム)で運航を開始。7月1日には成田-ソウル(仁川)路線も開設予定だ。

J-CASTニュース編集部 工藤博司)

ZIPAIRは「ジップフルフラット(ZIP Full-Flat)」(18席)と普通席にあたる「スタンダード(Standard)」(272席)の2クラスを導入する。