12月1日大阪城ホールで師走恒例のイベントサントリー1万人の第九」が開催された。

【写真を見る】1万人とともに「セロリ」を熱唱する山崎まさよし。その光景は圧巻!

1983年の第1回開催以来、師走の風物詩となった本イベントは、ベートーヴェンの「第九(交響曲第9番ニ短調作品125)」を、まさに1万人が合唱する一大コンサート1999年以降は日本を代表する指揮者・佐渡裕が総監督・指揮を務めている。

イベントの模様を、TBS系では12月21日(土)に「1万人の第九2019 ~霜降り明星朝日奈央も感動!令和の大合唱~」(昼4:00‐4:54、TBS系)として放送。

第1部では、山崎まさよしが1万人と共に「セロリ」を熱唱する他、東儀秀樹ゲストアーティストパフォーマンスを披露。

さらに、霜降り明星・粗品が登場し、「第九」の第四楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を読み上げる。

「よろこびのうた」の朗読は2013年から行われ、毎年豪華ゲストが舞台に立ち、「よろこびのうた」を読み上げてきた。

これまでの朗読ゲストは、仲間由紀恵井川遥栗山千明佐々木蔵之介小栗旬有働由美子というそうそうたる顔触れが務めてきたが、粗品はお笑い芸人として初めて挑戦することに。

■ 粗品「正直めっちゃ不安」

芸人を目指す前は指揮者を目指し、学生時代に指揮の勉強もしてたという粗品。「漫才にもオーケストラ的要素を取り入れている」ようで、小さい頃から憧れの人だという指揮者・佐渡裕と初対面をし、朗読という大役をオファーされたという。

粗品は、朗読ゲストでの出演が決定した際に受けた取材で、「ものすごくハードルが上がってるから、正直めっちゃ不安で。それで、過去の朗読ゲストの方々の映像を拝見したんですけど、皆さん、完璧にこなされてるんですよ。噛んでる人でもいたら、こっちも少しほっとしたのに(笑)」とコメント

また、どのようなスタンスで朗読に臨むかとの質問には、「過去の朗読の映像を見ると、一流の俳優さんや女優さんたちだから、やっぱりめちゃくちゃかっこいいんですよ。静寂の中、1万人の皆さんがシーンとなって聴いていて。つまり、1万人全員が心打たれてるんです。でも、芸人の僕がそれと同じことをやったら、スベってるようにしか見えないと思うんですよね(笑)。だから僕としては、自分にしかできない朗読というか、“芸人らしく”やってみたいなと。佐渡(裕)先生のお許しがいただけるのなら、今までになかった感じで明るくやってみたい…ということは、ちょっと考えています」と意気込みを語っていた。

1万人を前に、粗品はどうのような朗読を披露したのか、注目が集まる。

■ 朝日「人を変えた方がいいかも」

さらに、朝日奈央が合唱にチャレンジする。「第九」はもちろん、クラシックすら初体験だという朝日は、当初「人を変えた方がいいかも…」「高い声が出ない」と不安たっぷりだったという。

朝日は、出演が決まった際に受けた取材で「9月末から練習しているのですが、時間があればずっと第九を聴いています。今日も東京から大阪までの新幹線の中でずっと聴いていましたし、毎日お風呂の中でも聴いています」と明かしていた。

朝日の汗と努力が詰まった歌声にも注目が集まる。(ザテレビジョン

朗読ゲストとして、1万人の前に登場した霜降り明星の粗品