工藤阿須加主演の「連続殺人鬼カエル男」(毎週木曜夜0:25-0:55、カンテレで放送※2020年1月9日[木]スタート)の追加キャストとして、野波麻帆、前田航基、水澤紳吾、嶋田久作が発表。ドラマメインビジュアルも公開された。

【写真を見る】工藤阿須加演じる新人刑事・古手川の先輩刑事・ 渡瀬役として鶴見辰吾が出演

U-NEXTカンテレタッグを組み、宝島社「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化する「『このミス』大賞ドラマシリーズ」の最新作は、猟奇的な殺人を続ける殺人鬼カエル男”を追うサスペンスミステリー

主人公の新人刑事・古手川を演じる工藤や、先輩のベテラン刑事・渡瀬役の鶴見辰吾に続く追加キャスト陣の他、第1話のゲストとして落合モトキの出演が発表された。

同時に公開されたメインビジュアルは、工藤とカエルイメージをフィーチャー。本格サスペンスミステリーである本作の世界観を表現したものになっている。

■ 有働さゆり役 野波麻帆

過去の事件で不起訴になった当真勝雄の担当カウンセラー。ピアノ教室を開きながら、当真に音楽療法を施している。一人息子の真人と二人暮らし。

■ 当真勝雄役 前田航基

2年前、幼女誘拐のうえ絞殺するも、精神疾患による心神喪失が認められ措置入院。現在は、社会復帰し歯科医院で働く。

■ 尾上善二役 水澤紳吾

通称「ネズミ」と呼ばれる新聞記者。押しが強くて鼻が利き、どこよりも早くスクープをものにする。ずる賢く、どんな現場にも侵入。

■ 御前崎宗孝 嶋田久作

大学教授で犯罪精神医学の権威。温和で理性的な人物。家族が事件に巻き込まれたが、刑法39条適用で犯人が無罪となった過去を持つ。

■ 第1話ゲスト・桂木禎一役 落合モトキ

最初の被害者の元恋人。被害者の友人の証言で事件の前月に別れたと知り、容疑者として浮上するが、古手川のいる警察署に訪ねてくる。

■ 第1話「吊ルス」あらすじ

荒れ果てたマンションの高層階で、カーキ色のシートに包まれ軒に吊り上げられた女性の死体が発見された。

死体が包まれていたシートの内側には「きょう、かえるをつかまえたよ。みのむしにしてみよう」と書かれた犯行声明文らしきものが貼り付けてあった。

この事件は猟奇的な犯行として大々的に報道され、埼玉県警の新人刑事・古手川和也(工藤阿須加)とベテラン刑事の渡瀬(鶴見辰吾)は事件の捜査を担当することに。

犯罪精神医学の権威・御前崎宗孝(嶋田久作)は、この事件の幼児性を指摘し、連続殺人につながる可能性をほのめかす。(ザテレビジョン

工藤阿須加主演の「『このミス』大賞ドラマシ リーズ」最新作「連続殺人鬼カエル男」が2020年1月9日[木]よりスタート