12月18日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、クロちゃん(安田大サーカス)のアイドルプロデュース企画「MONSTER IDOL」を放送。4人のデビューメンバーが正式決定し、クロちゃんプロデューサーとしての処遇をファンに問う企画が発表された。

【写真を見る】「かわいい」とスタジオでも評判 クロちゃんがプロデュースした「豆柴の大群」メンバー4人

MONSTER IDOL」の沖縄合宿は今回の放送でいよいよ最終日を迎えた。最後の脱落者となったのは、今までクロちゃんが“お気に入り”としてずっと目をかけてきたカエデ

予想外の結末だったが、クロちゃんカエデを不合格にした理由を「ダンスと歌がみんなよりもちょっと後れをとってた」と説明する。

まともな選考理由に見えたものの、メンバー発表後のインタビュークロちゃんは「(カエデのことを)僕ホントに好きなっちゃったから落としました」と真相を告白。

続けて「アイドルに手を出すのは御法度」だと力説し、カエデを自分の彼女にするために脱落させたことを明かした。「きちんとデートして告白して彼女にするつもり」と真面目な顔で話すクロちゃんに、VTRを見ていたスタジオの観客席からは恐怖の悲鳴が上がり、浜田雅功も「カエデかわいそうや…そんな理由ある?」と憤慨。

その後、スタジオクロちゃん本人が登場すると、アイドル私物化するクロちゃんに浜田がビンタをお見舞いし、松本人志も「浜田が叩いたんじゃなくて大衆が叩いた」と厳しい顔を見せた。

4人のメンバーとともに「豆柴の大群」というグループ名も決定し、デビュー曲「りスタート」のCDが全国のタワーレコード12月19日(木)から発売されることも紹介された。

そのCDジャケットは「続行ジャケット」「解任ジャケット」「解任&罰ジャケット」の3つのバージョンがあり、それぞれの売れ行きによってクロちゃんプロデューサー続行or解任を決定することも発表。

突然“解任”の可能性を突きつけられたクロちゃんは「俺聞いてないからこんなの!」と本気の顔つきで猛抗議していた。

ネット上では視聴者から「絶対に解任。真面目にがんばってるメンバーや脱落者に安らぎを!」「クロちゃんがいるから注目を集めているわけだし、続行でもいいんじゃないかな」「続行でも解任でもどっちでもいいけど罰だけは絶対に受けてほしい」「クロちゃんを解任してグループ名も変えて、心機一転で出直すのもあり」といったメッセージが投稿されていた。

次回、12月25日(水)の「水曜日のダウンタウン」は2時間SP。デビューCDの売れ行きとクロちゃんの処遇を一部生放送で発表する。(ザテレビジョン

「水曜日のダウンタウン」に出演したクロちゃん