きゃりーぱみゅぱみゅ氏の小児性愛発言が海外で炎上中のようです。現在、日本でも話題となっており、ネット上では「キモい…これはさすがに引いた」「加害者そのものやんけ」といったコメントが相次いでいます。

 

関連記事:「TOKIOにはロリコンが二人」 功労者である城島茂の結婚を喜べない日本の風潮 みなさん心は大丈夫ですか? | TABLO

事態は深刻です

事の発端は14日、海外在住と思われるTwitterユーザーが『きゃりーぱみゅぱみゅが「小児性愛者」であることを知らせなければなりません』といった内容で投稿したツイートでした。そこには、当時12歳ダンサー男の子に対するきゃりー氏の発言や、送ったとされるメッセージスクリーンショットが添付されています。

メッセージには『今日は一緒に寝ようよ~』『今日だけ抱っこして寝てもいい?』などといったきゃりー氏の発言があり、これらが小児を対象とした性愛・性的嗜好であるペドフィリアであると指摘されたのでした。

また、きゃりー氏の同ダンサー男児への問題発言はこれだけにとどまらず、過去のツイートを見てみると『可愛い抱きしめたい』『無理矢理抱きしめたら嫌がるPちゃん12歳男子)』『Pちゃんを抱きしめたら拒絶されたもう生きる希望がない』『どさくさに紛れてPちゃん(中1の思春期のダンサー)といっぱい手繋げた』『今日こそはPちゃん抱っこしながら寝たいなあむにゃむにゃ』『Pちゃん12歳男子思春期)が可愛い過ぎて辛い抱きしめてますなうちゅーしたいちゅゅうぅう』とかなりご執心な様子が見受けられます。

海外での活動も多く、日本国外にもファンが多いきゃりー氏だけあって、こうした告発ツイートや一連の言動は瞬く間に拡散されました。

 

参考記事:武井壮の炎上騒ぎ、あなたはどう思いますか? 尊敬されていた「百獣の王」も一夜で“気持ち悪いロリコン”に降格 | TABLO

本人は嫌がっている

そして現在、日本でも話題となっており、ネット上では「きゃりーぱみゅぱみゅキモい…これはさすがに引いた」といった声をはじめ、

きゃりーぱみゅぱみゅの“一緒に寝よう”は冗談とか言うレベルじゃなくてヤバい。相手が嫌がってるのに無理に言い募ってるのもホントヤバい。加害者そのものやんけ。性犯罪の認識が猛烈に遅れてる本邦、女性による加害って物凄い勢いでスルーされてるんやろな…」

「英語圏のツイッターで“あのきゃりーぱみゅぱみゅは小児性愛者だった! キモすぎる! なんであんなことをやって逮捕されないんだ!?”と騒いでる。ファンだった人たちががっかりしてファンをやめたと言ってる。いい加減その重さに気づけ」

「むしろ何故日本で燃えなかったのかわからんけど。人権意識の差か」

「本人もそこまでおぞましいことをしたという認識すらないだろうな」

「きゃりーに性的加害の意志があったかどうかということではないんだよね。公の場で口にしていいことの価値基準がズレすぎてるんだよ」

「ネタにも出来ないガチアウトなことやってて真顔。オジサンが若い女性にクソLINEで“一緒に寝ていい?(笑)”ってやるのと同じ」

といった声が寄せられています。

 

きゃりー氏の発言はいずれも過去のものではあるものの、セクハラ的な問題発言であることは間違いないでしょう。本人にそのような自覚がない様子なのが、一番の問題の事のように思います。(文◎絹田たぬき

タイトル画像は『KPP MV01(DVD)通常盤』より

 

あわせて読む:今田耕司の「理想の結婚」には同性だってドン引き 53にもなって女性の容姿や若さばかりにこだわる不気味さ | TABLO

 

画像は『KPP MV01(DVD)通常盤』より