詳細画像はこちら

新型アイゴ クロスオーバースタイルで

トヨタは、新世代のアイゴでAセグメントをあきらめる他のメーカーシェアを奪いたいと考えている。

次のアイゴは、SUVヒントを得たスタイリングとなる可能性がある。

詳細画像はこちら
次期型アイゴAUTOCAR予想イメージ

トヨタヨーロッパのエグゼクティブバイスプレジデントであるマット・ハリソンは、先日行われたトヨタの新型車ヤリスの発表に際し、AUTOCARに語った。

現在のアイゴは「われわれにとって利益を生むもの」であり、それはライバルであるフォルクスワーゲングループやPSAグループには当てはまらないものだという。

「アイゴには多くの注目する点があります」とハリソンはいう。

「年間10万台を販売しています。独自の個性を持っており、若いユーザーが関心を持つ車で、ブランドのエントリーモデルです」

「他のメーカーはAセグメントにおいてビジネスを成功させることができず、電動化への対応により、さらに厳しくなると考えている。しかし、わたしたちはそれをチャンスだと見ている」

ハリソンのコメントは、他の自動車会社では聞かれないものである。

Aセグメントの小型車は、利幅が極端に薄いことと、2021年の燃費規制をクリアするためにコストをかけて電動化対応を行う必要があり、厳しい状況を迎えている。

ハイブリッド戦略により、わたし達は2021年CO2排出規制を達成できるだろう」とハリソンはいう。

「多くのメーカーが、ハイブリッド車を持たず、規制をクリアできなかった場合は多額の罰金を支払うことになるため、その対応に追われている」

小型EVの登場はまだ先

ハリソンは、EVが小型車セグメントの主流になるには「利益を生むまでにいたっていない」ことを認めた。

テクノロジービジネスが成熟し、消費者の需要がどこにシフトしているかを見るには、もう少し時間がかかるだろう」とハリソンはコメントしている。

詳細画像はこちら
プジョー小型最新EV「e-208」

このことは、トヨタが次世代のアイゴを開発していることを示している。

次のアイゴは、まず小型軽量で低コストガソリンエンジンを搭載して発売されると予想されている。

ハリソンは以前、最新の消費者トレンドを利用するために「伝統的でないボディスタイル」を取り入れることをほのめかしていた。

街や都市においては、地上高と着座位置を高くすることが求められており、クロスオーバースタイルが採用される可能性が高い。

現行のアイゴのモデルライフが長いことを考えると、少なくとも2021年2022年まではニューモデルの発表はないと思われる。

トヨタは、2025年までに全世界で100万台のEVを販売する計画だが、電動化のための費用がかさむことを考えると、低価格の小型EVが登場するのはまだ先の話だ。

「小型車セグメントでは、手頃な価格設定が求められます」とハリソンはいう。

「EVが最適だとは思えません。プジョー208EVの価格は、Bセグメントの価格をはるかに超えており、手頃な価格というお客様の要望に合いません」

トヨタのアイコン

ハリソンは、2021年までにヨーロッパで3つのEVモデルが発売され、2025年までにはそれ以上になっているだろうとコメントした。

市場の変化にもかかわらず、ハリソンはランドクルーザースープラ、GT86のようなニッチなモデルの将来に楽観的だ。

詳細画像はこちら
トヨタ・ランドクルーザー

次世代のGT86はスバルとの共同開発を行い、ヨーロッパへ導入する予定があることを認めた。

ハリソンはいう。

「当社の総合的なハイブリッド戦略は非常に強力であり、それによってCO2排出量の多い車を作ることができます。ランドクルーザーは、トヨタの製品ラインナップと伝統において重要なモデルです。当社のアイコンであり、それは他のクルマにも当てはめることができます」


トヨタの記事
【トヨタ小型ハッチバック】新型アイゴ、クロスオーバーに 欧州発売は2021年頃
【ペダル踏み間違い】国交省、9装置を認定 後付けの急発進抑制装置「先行個別認定」とは?
【ラリーシーンから派生】トヨタGRヤリス、1月に披露 東京オートサロン2020で
トヨタ・カローラ(カローラ・スポーツ)

【トヨタ小型ハッチバック】新型アイゴ、クロスオーバーに 欧州発売は2021年頃