詳細画像はこちら

フィアットの新しいEVモデルが2020年にデビュー

textJames Attwood(ジェームズ・アトウッド)
Additional reporting :Jim Holder(ジム・ホルダー)Richard Bremner(リチャードブレンナー)

フィアットは、2020年に予定されているジュネーブモーターショーでのデビューに先立ち、新しいフィアットのシティカー、EV版500の再テストを行った。

現行500ベースとなっている新しいプロトタイプは、エクステリアについては明らかにされていないが、キャビン内部を垣間見ることが出来る。

詳細画像はこちら
フィアット500eプロトタイプ

ライバルであるミニのEVには、新しいインストルメントパネルと中央の大きなインフォテインメント・スクリーンが追加されるなど、大幅に改善されている。

センターコンソールの台座に取り付けられた新しいロータリーギアセレクターも特徴的だ。

フィアットは今年初め、EVシティカー事業とその生産ラインとなるイタリア・ミラフィオリ工場に7億ユーロ(850億円)の投資を行うと発表した。目標生産台数は8万台。

ガソリンエンジンを搭載し、スタイリングテクニカル面のアップデートがほどこされた現行500と、新しい500eは並行して販売される。

500らしさを保ちつつ、中身のまったく違うクルマに

フィアットのボス、オリバーフランソワによると、新しい500eはオーダーメイドのEVプラットフォームに搭載される。

パンダヒントを得た新しいチェントヴェンティ・コンセプトプロダクションになった場合、同じプラットフォームとなる可能性が高い。

詳細画像はこちら
フィアットチェントヴェンティ

500eは、フィアットヨーロッパの小型EVシティカーにフォーカスしたブランドとなるための重要な要素となる。

サイズとプロポーションはそのままに、500らしさを保ちながらも、中身のまったく違う新しいクルマになるでしょう」とフランソワは言う。

「EVモデルとして500を選んだのは、価格的な理由からです。現行500のエントリー価格で、500eを販売することはできませんが、カスタマーの半数以上はそれ以上のお金を支払っています。

2万4000ユーロ290万円)は妥当な値段だと考えます」

ライバルのEVモデルの価格は約3万2000ユーロ390万円)前後です。EV購入時に付与される政府の助成金を考えれば、2万4000ユーロと3万2000ユーロの差は大したことはありません」とフランソワは言う。

FCAのEVパワートレイン

FCAが提供するEVパワートレインは、ほかに3つある。

メインストリームパワートレインジープグランドコマンダー、「パフォーマンスパワートレイン2020年ジュネーブモーターショーデビュー予定のマセラティアルフィエーリ、「プレミアム」EVパワートレイン2022年マセラティクアトロポルテにそれぞれ搭載される。

詳細画像はこちら
マセラティアルフィエーリ

フィアットクライスラーは、ディーゼルに代わるものとしてEVを推進している。2020年に発売する新しいジープグランドチェロキーをかわきりに、2022年までにディーゼルを、フルとプラグインハイブリッドに置き換える予定だ。

アルファ・ロメオマセラティは、そのプレミアム価格でEVにかかるコストカバーすることができるだろう。

500eモデルの詳細

500eが、現行と同じ後輪駆動になる可能性については、選択肢としてはあると述べている。

また、EV版アバルトの登場の可能性もあるとした。

詳細画像はこちら
フィアット500eプロトタイプ

500eは、FCAグループが開発したEVプラットフォームを使用する。

以前、500ラットフォームは、フォードKaと共有されていた。パートナーとのテクノロジーの共有には積極的だが、このような決定はグループレベルで行われなければならないと強調した。

発表の時期は明らかにされていないが、500ジャルディニエラ・エステートも、今後ラインナップに追加される予定だ。

500パンダはシティーカー市場の3分の1のシェアを占めている。

排出規制を満たす技術を開発し、シティーカーセグメントのブランドの優位性を強化したい。

1960年の小型ワゴンに影響を受けた500ジャルディ二エラは、そのクラスで最高のスペース効率を実現している。

500の新しいプラットフォームは、マイルドハイブリッドシステムにも対応可能だ。

このユニットは、ベルト駆動の12Vスタータージェネレーターで構成されてるが、電気駆動系の詳細はほとんど明かされていない。低排出ガソリンエンジン500およびパンダで採用される予定。

「将来のために有益なEVモデルを作りたい、CO2の目標を達成し罰金を回避したいという両方の願望」からEVモデルの開発には意欲的だとフランソワは言う。

限られたスペースとシティーカーらしさの維持を考えると、約250マイル(400km)の航続距離をもつ日産リーフなどのライバルよりも、500eの航続距離は短くなる可能性がある。

500eのライバルは多い。今年発表され、2020年初頭に発売となるミニのEVモデルや、2020年半ばに発売されるホンダeなどだ。


アルファ・ロメオの記事
【全く新しいEV】フィアット500e、2020年ジュネーブ発表へ プラットフォームはFCA開発
【速報】PSAグループとフィアット・クライスラーが合併を正式に発表
【Mr.モナコと呼ばれた男】 F1グランプリの知られざる写真家 後編
【Mr.モナコと呼ばれた男】 F1グランプリの知られざる写真家 前編

ジープの記事
【全く新しいEV】フィアット500e、2020年ジュネーブ発表へ プラットフォームはFCA開発
【速報】PSAグループとフィアット・クライスラーが合併を正式に発表
【ジープにもハイブリッド】ジープ・レネゲードPHEV 英で2020年6月発売 スペース犠牲にせず
ジープ・ラングラー 作り込んだ4代目が見せる盤石の走り サハラ/ルビコンに試乗

フィアットの記事
【全く新しいEV】フィアット500e、2020年ジュネーブ発表へ プラットフォームはFCA開発
【速報】PSAグループとフィアット・クライスラーが合併を正式に発表
【クロプリー編集長コラム】次世代フィアット500の大型化
クラシックカー36台が、タイムトライアル 2019コッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ

マセラティの記事
【全く新しいEV】フィアット500e、2020年ジュネーブ発表へ プラットフォームはFCA開発
【速報】PSAグループとフィアット・クライスラーが合併を正式に発表
【新・旧集合】マセラティ ディ/マセラティEXPO開催 最多モデルは3200GT
クラシックカー・ギャラリー in 天王洲 2019 クラシックカー記念日イベント、CCCJが開催

【全く新しいEV】フィアット500e、2020年ジュネーブ発表へ プラットフォームはFCA開発