株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、無料オンラインマガジンTYPE-MOONコミックエース』を本日12月20日(金)よりサイトオープンいたしました。本サイトは、KADOKAWAがこれまでコミカライズしてきたTYPE-MOONコミック作品の多くを無料で読むことのできる、オンラインマガジンです。
 また、「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」の完全リメイク作品である「帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline」の新連載配信、クリプターにスポットを当てた「Fate/Grand Order フロム ロストベルト」の配信など、新しいTYPE-MOONコミック作品を続々配信予定です。無料オンラインマガジンTYPE-MOONコミックエース』にぜひご注目ください。

サイトURLhttp://web-ace.jp/tmca/

               漫画:平野稜二 原作:経験値TYPE-MOON

コハエースGO 帝都聖杯奇譚」完全リメイク!!
 コンプティークに連載され、数々の新英霊を生んだ経験値先生の「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」を完全リメイク。漫画を担当するのは「BOZEBEATS」や「鬼滅の刃」のスピンオフを描いた、平野稜二先生。新マスターと共に描かれる、新たな聖杯戦争。「帝都聖杯奇譚」ここに開幕!

あらすじ
 ある日、衰退した魔術師の家系に生まれた少年・赤城奏丈は、祖母の家で砂時計のような魔術礼装を起動させてしまう。目を覚ますと、そこは大戦の只中、昭和20年の帝都東京だった。そこで出会った少女・藤宮九十九と共に、奏丈は大戦の裏で行われていたもう一つの戦争──『聖杯戦争』に巻き込まれて…。

作品ページ:http://web-ace.jp/tmca/contents/2000014/

◆新マスター公開中!

・赤城奏丈(あかぎ かなた)
衰退した魔術師の一族の末裔。魔術への執着はほとんどない。

・藤宮九十九(ふじみや つくも)
聖杯戦争に参加するはずだった魔術師セイバーを召喚するつもりだったが…。

◆原作コミック発売中!
コハエースGO 帝都聖杯奇譚
著者:経験値  原作:TYPE-MOON
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041048656/

                 漫画:中谷 原作:TYPE-MOON

クリプターにスポットを当てた珠玉のアンソロジー
 「カルデアスクラップ」の中谷が描くFGOオムニバスアンソロジー連載。毎話、FGO第2部に登場するクリプターひとりひとりにスポットを当てた、センチメンタルサイドストーリーを展開する短編集。

作品ページ:http://web-ace.jp/tmca/contents/2000017/

         漫画:十駒マコト 原作:TYPE-MOON 料理監修:遠藤雅司(音食紀行)

新感覚英霊飯コミック登場!
 「カルデアエース」VOL.2掲載の「ウルク飯」が、装いも新たに正式連載決定。マシュと藤丸が、歴史上に実在した料理をサーヴァントたちと一緒に学んで作る新感覚歴史飯コミック

作品ページ:http://web-ace.jp/tmca/contents/2000016/

                漫画:西出ケンゴロー 原作:TYPE-MOON

サイトオープンと同時に最新話配信!

ヤングエースUPにて連載された、Fate/EXTRA CCC × FGO スペシャルイベントコミカライズした話題作が、TYPE-MOONコミックエースに移籍連載決定! ウメハラ FIGHTING GAMERS!」の西出ケンゴローが描く、大迫力の宝具バトルを刮目せよ!

最新コミックス第2.巻好評発売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/4041089387/

作品ページ:http://web-ace.jp/tmca/contents/2000015/

  • その他作品の配信曜日
【月】
【火】
【水】
TYPE-MOON学園 ちびちゅき!
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女
【木】
【金】
  • 関連情報
TYPE-MOONコミックエース公式サイト:http://web-ace.jp/tmca/
TYPE-MOONコミックエース公式サイトTwitterhttps://twitter.com/tmcomicA
ヤングエースUP公式サイトhttps://web-ace.jp/youngaceup/
ヤングエースUP公式サイトTwitterhttps://twitter.com/youngace_up
WEBエース公式サイト:https://web-ace.jp/

配信元企業:株式会社KADOKAWA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ