同名人気漫画を元に、2015年ミュージカル化されたデスノート THE MUSICAL』。全キャストを一新する今回、ヒロイン弥海砂役に抜てきされたのは気鋭の女優・吉柳咲良だ。これまでミュージカルピーターパン』や、声優を務めたアニメ映画天気の子」でフレッシュな少年役を演じ当たり役としてきた吉柳。「これまでとは違う役で大きな挑戦」と語る彼女が目指す弥海砂像とは?

ーー両親を強盗に殺された暗い過去を持ちながら、アイドルミサミサとして活躍する弥海砂役を演じられます。今考えている人物像を教えてください。

今回、オールキャストで何もかもが新しくなりそうです。「デスノート」は海外でも愛されている有名なお話ですし、先輩の唯月ふうかさんが演じてきた弥海砂役を演じられることがすごくうれしいです。私にとって大きな挑戦になりますが、先入観を持たずに稽古に挑めたらいいなと思っています。​

海砂はすごく真っ直ぐな子なんです。悲しい過去や自身との葛藤を抱えていながらも、自分の気持ちにはとにかく真っ直ぐ。両親を殺した犯人を殺めてくれた(夜神)月に感謝していて、好きになって。月のことが好きだから自分の命を削っても守る。月と一緒にキラ二号として世界を変えて行こうとするわけですが、全ては月のためなんです。ここまで純粋に人を愛するって、一体どういうことなんだろうって考えさせられます。アイドルとしての海砂は明るくみんなを笑顔にするような存在ですが、明るさと闇深さの塩梅が難しいなと思います。​

吉柳咲良

吉柳咲良

ーー今回どんなところが挑戦だと感じていますか?

今まで私が演じた役は、どこか自分に似ているところが多かったんです。私自身女の子らしいというよりはボーイッシュタイプで、私服ではスカートも履かないくらい。その点、ピーターパンや「天気の子」で声優をした凪は男の子の役だったので自然と役に入りやすかったです。映画「初恋ロスタイム」(19年)では女の子の役でしたが、やっぱり私と似ている部分が多くて。だけど、海砂はすごく女の子らしくて普段の私とは正反対のタイプだから、今までよりも役を掴むのが難しいだろうなと思います。だからこそ色々な方向から海砂を見つめて、栗山さんとたくさんお話しして考えていきたいです。月に対する思いやレムとの関係など、深めていきたいです。​

歌も大きな挑戦です。『ピーターパン』はとにかく明るい曲が多かったんですが、『デスノート THE MUSICAL』で海砂が歌う曲は、曲調も込められているメッセージも幅広いんです。今は歌唱指導の先生から「歌詞をセリフのように。歌だけど歌にならないでほしい」と言われていて。改めてミュージカルの難しさを実感しています。特に最後に歌う「命の価値」は色々な感情がギュッと詰まった曲。全てを出し切りたいです。​

吉柳咲良

吉柳咲良

ーーこれからの稽古に向けて楽しみなことは?

台本をいただいたら、まずは何度も読もうと決めています。台本の中にヒントが隠されていると思うので。稽古ではセリフや行動にどんな思いが込められているのか考えて、栗山さんと相談していきたいです。自分が海砂だったら? と考えるには、元のキャラクターの芯になる部分を掴まないといけないと思うので、原作も読み直したいです。

ーー吉柳さんご自身は、『デスノート THE MUSICAL』をご覧になって海砂にどんな魅力を感じましたか?

2017年の再演前に行われたコンサートで初めて『デスノート THE MUSICAL』という作品に触れました。ふうかさんの演じる海砂がとにかくキラキラしていて、みんなに愛される可愛い海砂そのものだったんです。私がこれから研究したいのは、海砂のアイドルとしての“陽”の部分よりも、抱えているものの大きさや、執念や執着心などの“闇”の部分。その“闇”を深めるほど『デスノート』の物語の中で海砂の重要さが見えてくると思うし、海砂の死神・レムの気持ちも大きく動くんじゃないかなと思っています。​

もちろんアイドルとしての海砂も大好きです。闇を抱えながらもキラキラ歌って踊って一人で舞台に立つ姿がかっこいいし、たくましいです。海砂にとって、心に闇を抱えた弥海砂と、アイドルミサミサは別人格なんじゃないかなとも思います。その二面性を演じていけたら。初めて観た時に一番印象に残ったのは最後のシーンで、海砂が灰を落としている姿にゾクっとしました。海砂は記憶を消されたはずなのに……あの灰はレムなのかな……とか、色々考えてしまって。観劇後に正義とは? 悪とは? と考えて怖くなりましたし、不思議な感覚になりました。

吉柳咲良

吉柳咲良

ーー事務所の先輩であり、『ピーターパン』の先輩でもある唯月ふうかさんと、今回も同じ役を演じられますね。

そうですね。ふうかさんは、弥海砂という役はすごくエネルギーを使うと仰っていました。「大変だけど『デスノート THE MUSICAL』でしか味わえない緊張感があるから、『ピーターパン』とは全く違う新しい発見がたくさんあって楽しいと思うよ。頑張ってね!」と言っていただいて。今回、ふうかさんの海砂とはまた違う感じになるんじゃないかなと思っているんですけど、私なりに100%考え抜いて不思議な魅力のある海砂だなって思ってもらえたら嬉しいです。​

ーー最後に読者にメッセージをお願いします。

デスノート」は、世界中で愛されている有名なお話だと思います。ただ、その深い部分までを音楽と芝居を通して表現したミュージカルは劇場でしか観られないもの。ショーアップされた海砂のライブシーンでは実際にライブに行ったような感覚になったり、デスノートによって人が死んでいく様子からは恐怖を感じたり、色々な感情が一気に押し寄せてくるはず。人間味溢れる登場人物が多いので、きっと誰か一人は共感できるキャラクターがいるところも面白いです。月がやっていることは一種の連続殺人だけど、月自身にある正義感からやっていることで。本当の悪や正義ってなんだろうって一緒に考えていただける作品なんじゃないかなって思っています。​

吉柳咲良

吉柳咲良

取材・文=永瀬夏海 撮影=山本 れお

吉柳咲良