PanAsiaNews:大塚 智彦)

JBpressですべての写真や図表を見る

 フィリピンのマニラで開かれていた東南アジア競技大会(SEA GAME)の体操競技参加に向けた合同合宿から「処女でない」ことを理由に強制排除され、大会に参加できなくなったインドネシア人女子選手の問題で、インドネシア政府青年スポーツ省はこのほど「女子選手を代表合宿から強制排除したコーチ陣と選手、選手の家族、弁護士の間で和解が成立した」ことを明らかにした。

 この結果、同選手は競技練習に復帰してコーチの指導を受けながら2020年に開催が予定されるインドネシア国体(PON)に向けた準備を進めているという。12月17日の英字紙「ジャカルタポスト」が女子選手を実名から仮名SASに変えて報じた。

「処女じゃないから代表候補から外す」

 SEA GAME11月30日から12月11日までフィリピンの首都マニラ周辺で東南アジア諸国連合ASEAN)加盟10カ国と東ティモールの11カ国から5500人の選手が参加し、56競技の53種目に渡ってメダル争いを繰り広げた。

 インドネシアからは841人の選手が52競技に参加して、金メダルの数ではフィリピンの149個、ベトナムの98個、タイの92個に次ぐ4位、72個を獲得した。2年ごとの開催であることから次回SEA GAME2021年ベトナムで開催されることになっている。

 女子体操競技のインドネシア代表候補として大会直前の合宿に参加していた17歳女子高生選手SASさんが11月26日に突然体操コーチから合宿を離れて自宅に戻るよう「強制排除」される事件が起きた。

(参考記事)「非処女」で代表漏れ、インドネシア女性選手の悲劇
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58488

 東ジャワ州クディリに住む母親に伝えられた強制排除の理由が「SASさんが非処女だから」というものだったことから、地元メディアも大きくこの問題を取り上げる結果となった。

 SASさんの母親は弁護士と連絡を取り「娘が非処女であるはずがない」「処女かどうかという極めて個人的なことを理由にした排除、さらにマスコミへの情報漏えいは問題がある」と強く抗議する事態に発展した。
母親は合宿から地元に戻ったSASさんを早速地元のバヤンカラ病院に連れて行き、医師の検査を受けさせた。その検査結果は「処女膜が残っている」というもので、母親や弁護士は「SASは処女であり、非処女であることを理由とした代表選考からの排除は誤りである」として競技への復帰を求めた。

政府、州政府も巻き込んだ騒動に

 マスコミも大々的に報じる事態になり、SASさんは地元高校にも恥ずかしくて通うことができなくなり、体操競技の練習も中断に追い込まれていた。

 こうした事態に青年スポーツ省も対応を余儀なくされ、ガトット・デワ・ブロト報道官が「SASさんの排除は合宿中の素行が問題であって処女かどうかが理由ではないと聞いている。しかし処女性がもし問われたのであればそれは問題であり、調査して厳正に対処する」と表明するに至った。

 同省に加えて地元東ジャワ州のコフィファ・インダル・パラワンサ知事も「処女かどうかという問題ではなく、処女性に関する情報を外部に漏らした体操コーチは謝罪するべきだ」と騒動に参戦する事態となった。

 インドネシアスポーツ協会、体操競技連盟、青年スポーツ省、東ジャワ州政府まで巻き込んだ騒ぎとなったが、多くの関係者が「SEA GAME開催中は競技に専念する選手のバックアップに徹したい」としたため、大会終了後に詳しい調査と対応を行うということで、ひとまず休戦状態となっていた。

コーチと和解してすでに練習再開

 そして12月11日SEA GAMEが終了したことを受けて問題への対応を関係者が協議。若い女子選手の選手生命を最優先にした結果、強制排除した体操競技のコーチ陣がSASさんに対して正式に謝罪することになったという。

 青年スポーツ省のガトット報道官は地元メディアに対し、当該の体操指導コーチであるイルマ、インドラ、ラハユ、ザハリ各氏の4人が連名で正式の謝罪文をSASさん宛てに送り、SASさん本人、母親と弁護士もこの謝罪を受け入れることになった、として両者の間で和解が成立し事態が収拾されたことを明らかにした。

 ガトット報道官は「青年スポーツ省としてはこの和解を心から歓迎する。この進展は選手本人だけでなく、関係者の精神的負担も和らげ、コーチ陣にとっても素晴らしいことである。過去の経緯を水に流して彼女の今後の競技での活躍を大いに期待したい」と歓迎する声明を発表した。

 同報道官によればSASさんはすでに地元で体操競技の練習にコーチの指導を受けながら復帰しており、2020年パプア地方で開催が予定されるPONへの参加を目指して得意の床運動などに汗を流しているという。

イスラム規範優先に警鐘も

 今回の一件は和解が成立したことで「落着」したものの、合宿から強制排除された「本人の素行に問題があった」とされる夜間の男子選手との外出問題や、そもそも「若い独身の女性選手に処女性を求めるというイスラム教優先の社会規範」などの根本的な問題は解決されていない。

 SASさんのケースは病院での検査で「処女膜が残っていたこと」から処女であると判断されているが、地元メディアの中には「処女膜が残っていても必ずしも性交未体験とは限らない」などと伝えたところや「17歳高校生非処女であってはならない」と指摘するイスラム教組織もある。

 さらに合宿中の夜間に男子選手と遊びに外出することの妥当性、倫理性といった問題も事実関係が明らかにされていないこともあり、報道などで大騒ぎになったためにコーチの謝罪で「手を打った」というのが真相とみられている。

 イスラム教徒が人口2億6000万人の88%を占めるという世界最大のイスラム教徒人口を擁するインドネシアでは、近年イスラム保守派や急進派の存在感が強まり、イスラム教の規範が社会の最優先となる事態が続いていた。

 ところが10月23日に発足したジョコ・ウィドド大統領による第2期政権は、イスラム穏健派である大統領の強い意向を反映して、保守派・急進派の影響力を弱める穏健派の動きが活発化している。

 イスラム教を国教とせずにキリスト教ヒンズー教、仏教なども等しく認めた「多様性の中の統一」と「寛容性」を国是として掲げるインドネシア価値観アイデンティティーが問われようとしている中で、今回のSASさんのケースは問題の根本的解決には踏み込むまでには至らなかったものの、一人の女子アスリートの選手生命を絶つことなくとりあえず丸く収めたという点で融通無碍なインドネシア流解決が図られたということになるだろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「非処女」で代表漏れ、インドネシア女性選手の悲劇

[関連記事]

台頭するイスラム急進派を牽制、穏健派ジョコ大統領

「伊藤詩織さん裁判」が中国で大注目される理由

*写真はイメージです。本文の内容と関係ありません