社長からの手紙が店頭に貼られたり、社長との記念撮影が当たる謎のアプリスクラッチくじが登場するなど、売り上げの低下とともに迷走を続けている『いきなり! ステーキ』。

その理由として過剰な店舗数の増加が指摘されているが、率直に言って創業当時はお得だったがいまではさらにお得な店が増えたことも、大きな原因だと思われる。

■イオンのステーキ店『ガブリングステーキ』

たとえば最近イオン系列のショッピングモールでよく見かけるステーキ店『ガブリングステーキ』も、いきなりステーキと比べて割安感を感じる店のひとつだ。

メニューはもっとも安いビーフカットステーキ160グラム890円だが、今回はちょっと奮発して、オージービーフサーロインステーキ300グラム1490円を注文。

関連記事:『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 安価な2品で比較

■コスパ最強のサーロイン

ガブリングステーキではすべての料理にライススープがつき、付け合わせはオニオンコーン。ただ、ソースは1つだけで自分で調味できる物は塩コショウのみ。

いきなりステーキではアンガスビーフだがサーロインステーキが単品300グラム2,250円なので、それよりもはるかに安い価格設定。気になる味は…

■肉質はまあまあだが…

オージービーフなのでアンガスビーフにくらべ、やや旨味が薄い感じもするが、肉質は柔らかく食べやすい。肉の味はいきなりステーキの勝利だが、値段を考えると余裕で合格の味ではないだろうか。

また、ガブリングステーキの強みはステーキの安さだけでなく、イオンの『ここdeデリ』というスペースにもある。

■酒もその他の惣菜も持ち込める

たとえば横のイオンリカーで買ったワインや酒を持ち込むのは無料。いきなりステーキワインの持ち込みは可能だが、持ち込み料として1,000円がかかる。

さらに惣菜売り場のリワードキッチンではサラダや惣菜、カレーも売っているし、ステーキ以外のメニューも充実しているのだ。また、その気になればイオンで売っている物も一緒に食べて問題無い。

■いきなりステーキの復活劇にも期待

このように肉のコスパだけでない、自社の強みを活かしたステーキ店が数多く出てきたことと、いきなりステーキの値上げも重なり、客離れが起きたのではないかと推測する。

ステーキガストも肉のコスパいきなりステーキと同等にし、自社の強みであるサラダバーファミリーレストランの料理を活用して人気店になっているのだから、いきなりステーキも工夫をすれば復活の余地はあるのではないかと思う。

個人的にはライススープサラダは全部いらないのでどれか1つ選べるスタイルにし、ワイルドステーキ300グラムを恒常的に1,000円に戻すだけで昼の客は増えるんじゃないかな…と考えているのだが、今後のいきなりステーキの挽回にも期待したいところだ。

・合わせて読みたい→肉好きアメリカ人が初めて「日本の深夜ステーキ」を体験した結果

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

イオンのステーキ店『ガブリングステーキ』が激安 いきなりステーキと比較すると