2019年は6Kシネマカメラが続々登場

2019年シネマカメラ業界は、6Kシネマカメラが話題になった年だった。

100万円台クラスから紹介していくと、キヤノンは5.9Kフルサイズセンサー搭載のEOS C500 Mark IIを2019年12月24日に発売。特徴は、Cinema RAW Lightによる6K RAWカメラ本体のCFexpressに記録可能。シネマカメラなのに、全面の撮像画素が位相差AF画素のデュアルピクセルCMOS AFや5軸手ブレ補正搭載を特徴としているのもキヤノンらしいところだ。

ソニーはフルサイズ6Kセンサーを搭載した「FX9」を2019年12月10日に発売。従来のFS系と同一の使い勝手は一緒で、フルサイズレンズを活かせるのが特徴だ。こちらもキヤノンに負けず劣らず、シネマカメラながら高性能AFを実化するファストハイブリッドAFを搭載。さらに、デュアルネイティブISOの800/4000やフルフレーム対応の電子可変NDフィルターも特徴だ。

キヤノンEOS C500 Mark II(左)、ソニーのFX9(右)

100万円以下の6Kフルサイズシネマカメラでは、パナソニック「S1H」が話題になった。フルサイズミラーレスカメラでは初となるセンサー全域を使った6K24P収録、ライカカメラのLマウントに対応。ミラーレススタイルだが、Netflixオリジナル作品を撮影できるNetflix認定カメラとして認められるほど本格的な仕様を実現している。

Blackmagic Designは、スーパー35mmセンサーの6KカメラBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K」を発売。大人気モデルBlackmagic Pocket Cinema Camera 4k」の上位機種で、6Kセンサー搭載、スーパー35mmセンサー、EFマウントを搭載。低価格でありながら最大4Kまですべてのフォーマットの10ビットProResファイル、または6Kまですべてのフォーマットの12ビットBlackmagic RAWに記録対応が特徴だ。

パナソニックの「S1H」(左)、Blackmagic DesignBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K(右)

シネマカメラメーカーからはARRI「ALEXA Mini LF」やRED「RANGER」登場

今年はシネマカメラメーカーのARRIとREDからも新製品が登場した。

ARRIは、ラージフォーマットカメラでありながら自由に動ける4.5Kセンサー搭載デジタルシネマカメラALEXA Mini LF」を発売。昨年発表したALEXA LFの性能をそのまま小型軽量化したバージョンだ。センサーはLFと同じALEV III CMOSセンサーを搭載。LPLレンズマウント搭載で、シグニチャープライムレンズに対応。それでいて、モジュール式ですべての用途にも使えるのも特徴だ。

RED DIGITAL CINEMAは、シンプルな使い勝手でスタンダードカメラを好むユーザー向けの「RED RANGER」カメラシステムを発売。RED RANGERカメラの重量は約3.4kg、コンパクトスタンダードカメラ形状をしており、電力供給を考慮した電力ソースの配置や静かで効率的な温度管理が可能な大型ファン搭載が特徴だ。

ARRIのALEXA Mini LF(左)とREDRANGER(右)

動画機能が充実したミラーレスカメラ「SIGMA fp」や「GFX100」「ライカSL2」

動画機能が充実したミラーレスカメラの発売も相次いだ。その中でも特に話題になったは、「SIGMA fp」「GFX100」「ライカSL2」だ。

シグマSIGMA fp」は、ベイヤーセンサーのフルフレームミラーレスデジタルカメラ2019年10月25日に発売。fpが大注目を浴びたわけは、これだけ小さいのにフルフレームであったり、静止画と動画撮影に対応しているところだ。しかも動画撮影機能も充実しており、コンパクトでありながらもCinemaDNG RAWによる12bit収録対応も話題になった。

富士フイルムは、43.8mmx32.9mmセンサーを搭載したラージフォーマットCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「GFX100」を発売。特徴は35mm判の約1.7倍の面積を持つセンサーに有効画素数約1億2百万画素の裏面照射型イメージセンサーを搭載しているところだ。一般的なシネマカメラよりも大型なGFX100センサー16:9/17:9画角に使って4K30P収録が可能だ。

ライカカメラは、ライカSLシステムの次世代モデルとして「ライカSL2」を発売。シネマ4K(C4K)モードでは最大60fpsフルHDモードでは最大180fpsの動画撮影が可能。Cineモードでは、マニュアル操作が可能なシネマカメラとして使用できる。マイク端子とヘッドフォン端子やHDMI端子も装備しているので、外部モニターに映像を出力も可能。

小型、軽量が特徴のSIGMA fp(左)と有効画素数約1億200万画素が話題のGFX100(中央)、シネマ4K(C4K)モードにも対応するライカSL2

光学ズーム比20倍、4:2:2 10ビット記録に対応するパナソニック「AG-CX350」とJVCケンウッド「GY-HC500」登場

4Kハンドヘルドカメラでは、1インチイメージセンサー、光学ズーム比20倍、4:2:2 10ビット記録対応のパナソニック「AG-CX350」とJVCケンウッド「GY-HC500」が話題になった。

AG-CX350は、記録しながらHDストリーミング出力可能なのが特徴だ。ストリーミング方式はRTSPに加えてRTMPRTMPSをサポート。さらにIP接続にも対応し、NDI/HXに対応する。レンズは、広角24.5mmの光学20倍ズーム、1.0インチ15MのMOSセンサー搭載。タブレット/スマートフォンからのワイヤレスコントロールSDIHDMI同時出力などを実現している。

JVCケンウッドはハンドヘルドタイプの4KメモリーカードカメラレコーダーGY-HC500を発売。光学20倍で4K60P記録に対応。別売のSSDメディアアダプターを使用することでProRes 422の4K60P記録が可能。

パナソニックのAG-CX350(左)、JVCケンウッドのGY-HC500(右)

PRONEWS AWARD 2019 カメラ部門ノミネート製品

以下がカメラ部門のノミネート製品となる。

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表