南城市、NECソリューションイノベータりゅうにちホールディングス、沖東交通、NearMe(ニアミー)およびギフティは、2020年2月21日(金)から3月22日(日)まで、南城市の観光振興および地域の活性化を目的とした、観光型MaaSの実証実験を実施する。

小型モビリティイメージ

 沖縄県南城市には、世界遺産である「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や、「おきなわワールド」などを中心に多くの観光客が訪れている。一方、那覇空港那覇市中心部から公共交通機関を利用した市内へのアクセス手段や、市内を周遊するための交通ネットワークが少ないことから、行きたい時に行きたいところへ行ける二次交通の整備や周遊の手段が求められている。
 そこで、こうした状況を改善するため、点在する観光資源を線で結び、様々な交通機関を組み合わせた面での交通ネットワークを創出することを目的に、6者で連携し、ジャンボタクシーによるオンデマンド交通や小型モビリティ等を活用した、観光振興に向けた実証実験を実施する。

 那覇市から南城市への移動や南城市内の周遊を、募集型企画旅行(半日プランと一日プラン)として提供。参加者は、Webサイトを通じて申し込み、専用アプリからジャンボタクシーを予約することができる。旅行当日は、申し込み後に配信されるメールから、交通機関や観光地(せーふぁーうたき、おきなわワールド)の電子チケット(注1)を提示し、利用することができる。また、企画旅行のプランには、利用対象の交通機関の代金が含まれているため、参加者は追加費用を意識することなく、同市内への移動や市内の周遊を行うことができる。

 さらに参加者は、市内を周遊中に専用アプリを通じて、位置情報に合わせた南城市の観光情報などを受け取ることができる。小型モビリティを利用する場合は、車内に設置した小型IoT機器(注2)を介して、位置情報に合わせた南城市の観光情報を音声でも受け取ることができる。

那覇空港那覇市中心部(国際通り近辺)から南城市への移動
ジャンボタクシーによるオンデマンド交通
■ 南城市内の移動
小型モビリティ、支線バス「Nバス」、オンデマンドバスサービス「おでかけなんじい」

■ 6者の役割
南城市:実証実験場所の提供、関係機関との調整等
NECソリューションイノベータスマートフォン向けMaaSアプリの開発および実証実験結果の収集・分析
ニアミー:スマートフォン向けMaaSアプリの開発のうち、ジャンボタクシーの交通予約機能の提供およびアプリの運用管理
りゅうにちホールディングス:小型モビリティレンタル、運用、MaaS連携の調査
沖東交通:ジャンボタクシーの手配・運行
ギフティ:募集型企画旅行に含まれる各移動手段の乗車チケット・施設入場券の電子化、電子スタンプによる情報管理、利用者移動データの生成
※ 募集型企画旅行は、一般社団法人リディラバにて企画・募集・運営を行う。

 実証実験の期間は2020年2月21日(金)~3月22日(日)。企画旅行の参加希望者は、上記期間中の金曜日から日曜日を企画旅行の催行日として参加してもらう。

注1)電子チケットの仕組みは、ギフティが提供する地域活性プラットフォーム「Welcome! STAMP」を使用。
注2)MaaSの価値向上を実現するため、小型IoT機器を小型モビリティに取り付ける。位置情報受信、車両位置管理、サーバー通信、ジオフェンス(エリア判定)、ジオフェンスに連動した音声ガイド出力といった機能を実装し、ジャンボタクシー・小型モビリティ車両に設置することで、高付加価値のツアーを提供する。
コントローラソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社製 SPRESENSEメインボード「CXD5602PWBMAIN1」およびLTE拡張ボード「CXD5602PWBLM1J」を採用)