ソフトバンクと阪神の補強に「トミー・ジョン手術」を巡る思惑が駆け巡っている。

 NPB通算288本塁打を誇る前ヤクルトバレンティンの獲得に成功したソフトバンクが、メジャーを代表する左の先発投手マットムーアとの契約を確実にした。選手層の厚いソフトバンクにおいて、唯一の弱点が、左の先発スタッフが少ないこと。「獲得」の決め手になったのが、ひじのじん帯断裂を治すために受けるトミー・ジョン手術だった。

ムーア2014年4月、この手術で、左ひじにメスを入れました。翌年には復帰しましたが、精彩を欠き、SFジャイアンツレンジャース、タイガースと渡り歩きました。タイガースでは『復活したら御の字』ぐらいの扱いでした。米メディアも復活に懐疑的です」(米国人ライター

 19年は、ほぼマイナー暮らしだったムーア。日本での活躍を引っ提げてメジャーの第一戦に戻ろうという雰囲気だが、ソフトバンクは復活に手応えを感じているという。

ソフトバンクには和田毅というトミー・ジョン手術から数年を経て復活した“サンプル”選手がいる。手術の翌年には投げられますが、本当に良くなるのは数年後ということがわかっているから、14年にメスを入れたムーアに対し、『そろそろ復活』と思ったようです」(地元紙記者)

 また、ムーアとの契約を進めていたからだろう。右の中継ぎ投手スアレスを切った。このスアレスも16年にトミー・ジョン手術を受けており、19年シーズンは先発を含む9試合にしか登板していない。こちらは阪神が中継ぎを予定して獲得を決めたが、やはり、阪神からも「復活には数年かかる」の声が聞こえてくる。13年にメスを入れた藤川球児が本来のストレートを取り戻したのは昨季終盤。今季はクローザーの座も奪い返している。

トミー・ジョン手術を受けた選手は復活まで数年かかる〉というサンプルケースから導き出した論理が、ソフトバンクと阪神、それぞれがムーアスアレスの両投手を獲得したことにつながったようだ。

メジャーにも『トミー・ジョン手術を受けた投手は復活まで数年かかる』という考え方が浸透しています。でも、一つのチームに在籍して復活まで待ってくれるケースはありません」(前出・米国人ライター

 ムーアスアレスが日本で正当に評価されたことは意義深い。それにしても、「数年かかる」と聞くと、来季の大谷翔平大丈夫なのか、ちょっと心配になってきた。

スポーツライター・飯山満)

アサ芸プラス