ゲーム大好き芸能人らが、この冬話題のゲームを調査して紹介する特番「ゲームズ・ボンド」(テレビ朝日)が、12月26日(木)深夜に放送される。2018年の3月、9月、2019年2月と過去3回特番として放送され、今回約10カ月ぶりに第4弾の放送が決定した。

【写真を見る】小嶋真子はママタルトと「BIOHAZARD RESISTANCE」をプレイ!

新婚ほやほやのでんぱ組.inc古川未鈴が、前回までに引き続き、ゲームズボンガールとして詳しいゲーム情報を紹介。カミナリの2人は、スタジオで実況解説する。

ゴー☆ジャスは、Appleの月額制ゲームサービスApple Arcade」を調査。最初にプレイしたのは、シュールな世界観のゴルフゲーム「WHAT THE GOLF?」。

見た目はシンプルなのに、予想外の展開に大混乱。さらに、なぜかゴルフ場にパンとトースターが…。

次に挑戦した「深世界 Into the Depths」では、氷を滑るキャラクターと自分を重ね「自分もスベっていいのだ」と開き直るゴー☆ジャス

また、人気バーチャルYouTuber電脳少女シロ八重沢なとりは、名作「FINAL FANTASY VII」のリメイク、「FINAL FANTASY VII REMAKE」を調査。

前作をプレイしていたというシロは、圧巻のクオリティーに序盤から大興奮。自分たちをスパイとして「適役」だと豪語する2人は、激しいアクションとは裏腹に、ほのぼのとしたテンションプレイを進めていく。

■ 素のコメントが連発!

そして、前島亜美と、「科捜研の女」主演・沢口靖子モノマネでおなじみのメルヘン須長は、「龍が如くシリーズの最新作となる「龍が如く7 光と闇の行方」を調査。

サクサクプレイを進める前島に対し、序盤から「事件だわ」を連発するメルヘン須長。しかし、裏社会を舞台に巻き起こるイベントの数々に戸惑うあまり、ついつい素のコメントが飛び出す場面も。

さらに、初回から4回連続での登場となる漫才トリオ・四千頭身が調査するのは、大迫力のアニメーションが魅力のスマホRPG「エピックセブン」。

シリアスシーンにもかかわらず、相変わらずの独特すぎる感性とコメントで、常に笑いを誘う実況を展開する。

収録中とは思えないマイペースな3人だったが、お気に入りの美少女キャラを見つけた後藤拓実が石橋遼大からスマホを奪う場面も。

5月にAKB48を卒業した小嶋真子と、同じ事務所お笑いコンビ・ママタルトは、バイオハザードの世界観で描かれた非対称の対戦サバイバルホラーゲームBIOHAZARD RESISTANCE」を調査。

脱出を阻む「マスターマインド」と脱出を目指す「サバイバー」の1対4で対戦をする本作品。

ママタルト・檜原洋平のしかける罠に、大絶叫しながらプレイする小嶋だったが、罠を仕掛ける側に回ると性格が一変。ケラケラと笑いながらママタルト・粕谷明弘を苦しめる。

■ MC・カミナリがゲーム実況

続いて、超特急のリョウガとユーキが調査したのは、2003年から続く「CoDシリーズ」の最新作PlayStation(R)4用ソフトコール オブ デューティー モダン・ウォーフェア」。

CoDシリーズを相当やり込んでいるというユーキは、自信満々に「ハードモード」を選択。最初にプレイしたリョウガが大苦戦する一方で、ユーキは余裕の表情でプレイを開始する。

MCのカミナリもゲーム実況に挑戦する。調査するのは、シリーズ初となるPlayStation(R)VR専用の「みんなのGOLF VR」。

まずは、ゴルフはほぼ初心者だという石田たくみが挑戦。初心者とは思えない腕前でコツを掴んでいき、最後にはまさかのミラクルショットが飛び出す。

そして、石田に続かんとばかりに、ゴルフ経験者の相方・竹内まなぶもプレイするのだが…。

この他、番組初となるミニコーナー「耳寄り極秘ファイル」をゲームズボンガールの古川が担当。

NURO光」や「放置少女」など、気になるキーワードから、ゲーマーのためになる情報を紹介する。 (ザテレビジョン

「ゲームズ・ボンド」MCの古川未鈴、カミナリ