京都府与謝野町にある鉄道車両保存施設の「加悦(かや)SL広場」が2020年3月末での閉園を検討している。

同園は明治~昭和時代中期の鉄道車両を保存し、中には重要文化財になっている機関車もあった。地方の鉄道保存施設としては大規模で状態も悪くなかったが、同園の苦境は地方での鉄道保存の難しさを浮き彫りにしている。閉園検討に関しては、2019年12月23日に京都新聞(ウェブ版)が報じ、J-CASTニュースの取材にも担当者が認めた。

重文SLや、動態保存の珍車も

加悦SL広場は1977年に加悦鉄道加悦駅に開園した。当時、この京都府丹後地方には私鉄の加悦鉄道があり、同線の車両や機関車を保存した。加悦鉄道は1985年に廃線になるが、1996年に同線旧大江山鉱山駅跡に移転し、加悦鉄道で使われた車両を中心に現在までに27両を保存展示している。

保存車両の中には1873年に製造された関西最古の蒸気機関車で、重要文化財指定を受けている「加悦鉄道2号機」などの機関車・客車・貨車など、歴史ある車両が含まれる。また「加悦鉄道キハ101号」は、車輪が2軸4輪の「ボギー台車」と、1軸2輪の車輪を1両に装備した珍しい「片ボギー」というタイプの車両で、鉄道ファンの間では国内現存唯一の片ボギー車両として知られる。旧国鉄の車両のように全国で活躍した、といった知名度には欠けるものの、このような稀少性の高い車両も保存されていた。

これらは単に線路上に保存してあるだけでなく、一部は走行できる「動態保存」で保存されていて、キハ101号もそのひとつだった。展示車両は定期的にメンテナンスがなされ、車両の他にも給水塔・信号機などの鉄道施設が残されていたが、閉園検討のニュース鉄道ファンにとって「寝耳に水」だったようだ。

地方の鉄道遺産が直面する「課題」

閉園検討の理由については、運営企業の宮津海陸運輸(京都府宮津市)に「広場」の車両整備担当の社員が1人しかおらず、車両の老朽化も進んでいるためと報じられていた。J-CASTニュースが26日、宮津海陸運輸に改めて取材したところ、人手不足以上に展示車両の老朽化の方が深刻な理由だと答えた。27両と数が多く、錆の進行や木製部分の劣化が激しくなっていた。特に腐食が進んだ木製部分で来園客がけがをすることを危惧している状況だ。それでも車両については「貴重な文化財なので、このまま朽ちていくよりは残せる方法を色々検討し、残していきたい」と語った。

展示車両の劣化と人手不足は、いずれも加悦SL広場に限らず、地方の鉄道保存に共通する課題のようだ。

18年12月には滋賀県彦根市の彦根駅で不定期公開されていた近江鉄道の「近江鉄道ミュージアム」が展示車両老朽化により閉館となり、保存していた同社の電気機関車の多くが解体された。

加悦SL広場の他にも、地方には廃線・廃駅を活用した鉄道保存施設が少なくない。昭和50年代(1975年~)以降に地方で国鉄・私鉄ともにローカル線の廃線が進んだことも背景にある。しかし、保存車両も錆びや塗装の剥離から保護するためにメンテナンスが必要であり、そこに費用とマンパワーが不可欠だ。施設ができた頃、熱心に保存に携わった人材が引退すれば、後継者不足に直面する。地方では後継者になりうる人物・団体も容易には見つからない。既に昭和40~50年代に廃車後各地に保存された蒸気機関車が、状態の劣化で解体されるケースは多発している。加悦SL広場の閉館は決定事項ではないが、人手不足と地方の衰退は、鉄道趣味の分野も無縁ではないようだ。

前出の近江鉄道での保存車両のうち、「ED31形4号機」は滋賀県東近江市のびわこ学院大学の学生らのクラウドファンディング(CF)により解体を免れ、八日市市内での保存が決まっている。このような有志の善意に頼らなければ、地方では次世代への鉄道遺産の継承は困難ではないだろうか。本州のJR三社や大手私鉄が運営する鉄道博物館は活況を呈しているものの、地方では苦境にあえぐ鉄道遺産もあり、後者をいかに継承していくかは観光・産業史の視点からも無視できない課題となるかもしれない。

J-CASTニュース編集部 大宮 高史)

加悦SL広場ホームページより