C大阪フェイスブックのフォロワーが100万人超で堂々の1位

 ソーシャル・ネットワークサービスSNS)は現在、世界中の生活や情報収集に身近なものになっている。では、J1クラブで最も発信力のあるのはどこなのか。英国のリサーチ会社「スポーティング・インテリジェンス」は、各国リーグ2019年における調査結果を発表。J1の“SNS王者”はセレッソ大阪だった。

 同社の調査では、11月半ば時点でのツイッターインスタグラムフェイスブックの各フォロワー数を集計。その三つを合計した数字をランキング化して1~18位まで順位がつけられた。

 そのなかで、C大阪は計1222664人で1位に輝いた。2位の鹿島アントラーズが60万4278人で、2倍以上の大差をつける結果になった。C大阪の特徴はフェイスブックの強さであり、フォロワーが100万8628人と圧倒的な数字を誇る。この項目の2位になった川崎フロンターレが11万3721人であることからも、C大阪の発信力はフェイスブックの充実が支えていると言えそうだ。

 一方で、速報性の高いツイッターのフォローが最も多かったクラブ横浜F・マリノスで45万9385人。浦和レッズ名古屋グランパス、鹿島の3クラブが41万人を超えるフォロワーを持つため、上位は拮抗していた。一方で、C大阪は16万5622人と上位には入らなかった。

大分と仙台は三つのSNSアカウントで苦戦

 そして、写真を主に用いる場面の多いインスタグラムで最もフォロワーが多いのがヴィッセル神戸で17万7123人。そして鹿島が12万5597人、浦和が8万8783人で続いた。総合では15位と苦戦したサガン鳥栖だが、インスタグラムは4万5140人のフォロワーで中位グループランクインする健闘を見せた。

 神戸と鳥栖には元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや同FWフェルナンド・トーレスといった、世界的な人気選手が所属ということもあり、日本語が分からなくても写真で伝わりやすいインスタグラムに海外からのフォロワーが流れたと考えられそうだ。

 一方で総合的な苦戦が顕著になったのは、17位の大分トリニータ(合計7万7420人)と18位のベガルタ仙台(5万7713人)。三つのSNSアカウントすべてで下位となり、10万人に届かなかったのはこの2クラブのみだった。

 もっとも、スペイン1部の2強であるバルセロナレアル・マドリードはいずれも合計フォロワー数が2億人を超える。世界的なスター選手がいるうえに、クラブの人気も全世界に及ぶだけに当然の結果とも言えるが、世界のトップクラブは多言語でSNSを展開するのが常識になっている。Jリーグクラブもまた、戦略的に多言語展開をすることでの伸びしろは十分なはずで、Jリーグ全体としての発信力も高めていきたいところだ。(Football ZONE web編集部)

J1クラブで発信力のあるクラブとは【写真:Getty Image ZONE web】