2020年1月1日(水)に「坂上どうぶつ王国」の特別版「1000人が本気で選んだ!激カワ!感動!爆笑!新春どうぶつ映像アワード」(夜6:00-9:00、フジテレビ系)が放送される。

【写真を見る】ハワイの海で激撮…激レア動物!

同番組では、1000人の「動物好きさん」を一堂に集め、スタッフが世界中から集めた「どうぶつ映像」を評価、投票してもらい、その結果をランキング形式で公開。「激カワ部門」や「ハプニング部門」など、かわいいどうぶつの爆笑ハプニング映像や感動の映像を紹介する。

さらに木村佳乃、沢村一樹高畑充希仲間由紀恵、松下奈緒、山崎賢人ら俳優陣が“どうぶつの気持ち”になってアフレコに挑戦。

これまでアフレコの経験がほとんどないという仲間は、仲里依紗とともに“セクシーすぎるネコ”映像のアフレコにチャレンジ。収録を終えた仲は「鳥肌が立ちました!」と仲間のアフレコに感激した様子。一方、松下は関西弁を使ってアフレコに挑んだほか、高畑は「青木さやかさんのイメージでやってみました」と、ゴールデンレトリバーのことが大好きな黒猫の声を演じた。

坂上忍ハワイで激レア動物映像を激撮!

坂上忍は今回、めったに現れない珍しい動物が数多く生息するハワイ島へ向かい、世界的にも貴重な動物映像を撮影するため船に乗って海に出る。海に潜った坂上の目の前に現れたのはコブハクジラの群れで、目の当たりにした坂上は「かわいい!超接近しちゃった!」と大興奮。

実はこのコブハクジラは、専門家によるとあまり生態が知られていない謎に満ちたクジラだという。坂上が海中で撮影した映像を専門家に見てもらうと「これはすごい!」と驚きの声があがり、「ものすごく貴重で、世界初かもしれません」と証言した。

高田延彦は“神の化身”を探しコスタリカ

一方、世界でも有数の動物の楽園・コスタリカ共和国にいる“世界一美しい動物”を追って高田延彦が現地へ向かう。その世界一美しい動物とは「ケツァール」という鳥で、古代マヤ文明では“神の化身”とされていたという。その姿は手塚治虫の『火の鳥』の参考にされたとも言われ、そんな伝説の鳥・ケツァールを探して森に向かった高田。

ついに発見した“神の化身”に「うわ~かわいいアイドル顔!」と高田がうなる。

■ 高橋海人、アイドルの威信を懸けて絶景撮影に挑戦!

富士山頂に太陽が重なるダイヤモンド富士と、ある美しい動物が映り込んだお正月にふさわしい縁起のいい奇跡のコラボ絶景をカメラにおさめるべく、芸能人が日替わりで撮影に挑戦。

「坂上どうぶつ王国」レギュラーKing & Prince・高橋海人も「最高の絶景をみなさんにお届けして一年の幕を開ける。最高じゃないですか!」と絶景の撮影に挑む。

「運を持っていないとアイドルじゃない!だから今回に関しては自信をもっています」と意気込み、ロケ現場に到着するが、まさかの雨。これには高橋も「何これ…。ウソでしょう?富士山ってどこなんですか?」と動揺する。雨雲に包まれ太陽も富士山の姿も全く見えず、これではダイヤモンド富士を撮影するのは不可能に近い。

しかし高橋は「坂上さんの僕に対する期待値の低さ…。今日、どんでん返しをします!」と誓ってロケを続行。さらに、四千頭身、ダンディ坂野、ずん・飯尾和樹、トム・ブラウンも撮影に挑む。

山崎賢人の「崎」は正しくは「立つさき」

高田延彦、高橋海人の「高」は正しくは「はしご高」(ザテレビジョン

奇跡のコラボ絶景撮影に挑む高橋海人