【元記事を音楽ナタリーで読む】

12月31日(火)にNHK総合ほかで放送される「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールで行われている。この記事では島津亜矢、天童よしみ、山内惠介コメントを紹介する。

【大きな画像をもっと見る】

天童よしみ

天童よしみの「大阪恋時雨」には、ピアニストとしてMattが参加する。リハーサルを終えた天童はMattの演奏を「本番さながらの意気込みを感じました」と絶賛。今回が「紅白歌合戦」初出演となるMattは「天童さんと一緒で安心感がすごいです」と笑顔を見せた。パフォーマンスの中ではMatt本人が手がけた加工で“Matt化”された天童の姿も楽しめる。この演出について天童は「誰?ってなりましたけど(笑)。ぜひご期待ください」とファンの期待を煽っていた。

山内惠介

来年デビュー20周年を迎えることにちなんで、自身の仮面を着用した20人のダンサーと共に「唇スカーレット」を歌唱する山内。「20人のダンサーと踊って、階段を降りて、滑り落ちないように……」と本番に向けて心がけていることを語り、「5度目の出場ですがうれしいです。いい形で歌い納めをして、またここに戻って来れるように」と早くも来年の「紅白」への出場への意欲を燃やす。また今年を表現する漢字を問われると「整」を挙げ、「来年はブレイクができる年になったら。念願の日本武道館に立ちたいです」と2020年の抱負も語った。

島津亜矢

島津は今年、ピアニストの清塚信也の伴奏に乗せて、中島みゆきの「糸」をカバー。「美しいピアノイントロから始まるので、気持ちを落ち着けて歌いたい」と清塚との共演に思いを馳せながらも、「本当に緊張しています」と胸の内を吐露する。また衣装は赤い着物になることを明かし、「(衣装は)先生にお任せしているので……先生が選ぶものは間違いない」と言い、穏やかな口調ながらも堂々と歌うことを誓った。

Mattと天童よしみ。