(佐藤 けんいち:著述家・経営コンサルタント、ケン・マネジメント代表)

JBpressですべての写真や図表を見る

 米国を代表する週刊誌TIMEには、「今年の人」(Person Of The Year)と題して、その1年を象徴する人を取り上げてカバーストーリーにする特集企画がある。毎年、誰が選ばれるか世界中の関心のまとになっている企画だ。政治家や経営者、映画俳優などセレブが選ばれることが多いが、かならずしもそうではない。

 今年2019年に選ばれたのがグレタ・トゥーンベリさん。スウェーデン16歳高校生の環境活動家だ。日本でもよく知られている。環境問題を訴えて大人を断罪する活動姿勢に対しては、先進国の若者を中心に熱狂的に支持されているだけでなく、世界中の大人たちからの揶揄やバッシングの嵐にもさらされている。

 今年の日本は耐えがたい猛暑であり、そのためもあって2020年東京オリンピックマラソンIOC国際オリンピック委員会)の一存によって札幌開催に変更されるという一騒動があった。その背景として、欧州が日本以上の猛暑に見舞われていることに目を向ける必要があるだろう。軒並み40℃以上の高温を記録した欧州では、地球温暖化対策は日本以上に喫緊の課題と受け止められている。

 授業をさぼって座り込みのデモを行うグレタさんの活動方法や、終末論的な響きさえある訴えには、眉をひそめる大人も少なくないだろう。環境問題解決はそんな単純なものではないのだよ、と。トランプ大統領のように、グレタさんを揶揄したくなる気持ちもわからなくはない。

 私も当初はグレタさんには冷ややかに眺めていたのだが、環境問題が重要なことまで否定するわけではない。環境問題に世界中の目を向けさせたという意味において、グレタさんの存在そのものに意味があると言うべきではないか、と考えが変わってきている。

 今回は、そんなグレタさんの活動もさることながら、トゥーンベリという名字に注目したい。というのは、かつて同じトゥーンベリという名字の人物が、スウェーデンと日本の架け橋として存在していたからだ。時空を超えて250年前を往復する歴史ツアーにおつきあいいただきたいと思う。

250年前に来日していたトゥーンベリ氏

 グレタ・トゥーンベリという名前には、著名なスウェーデン人の名前が含まれている。名前と名字のそれぞれについて見ておこう。

 スウェーデン人でグレタといえば、映画史に詳しい人なら、すぐにでもグレタ・ガルボの名前が浮かんでくることだろう。サイレント時代とトーキー時代に活躍したハリウッドの大女優である。グレタ・ガルボについては、このコラムでも取り上げている(「略奪と殺戮の時代に終止符を打ったストイックな女王」)。

 ただし、グレタ・ガルボは芸名で、本名はグレタ・ルヴィーサ・グスタフソンである。いかにもスウェーデン人らしい名字だが、グレタはごくありふれた名前だ。グレタ(Greta)は、マルガレータ(Margareta)の短縮形。白い花びらのマーガレットである。

 名字のトゥーンベリ(Thunberg)は、すぐにはピンとこないかもしれない。スウェーデンにはよくある名字だが、この名字をもつスウェーデン人が、なんといまから約250年前の江戸時代後期の日本に来ているのである。

 その人の名前は、カール・ペーター・ツュンベリー(C.P. Thunberg 1743~1828)という。出島のオランダ商館の医師として、1775年に来日したスウェーデンの植物学者だ。しかも、分類学の父とよばれるカールリンネの弟子の1人であり、スウェーデンに帰国後には、リンネのあとを継いでスウェーデンを代表するウプサラ大学の教授となり、学長も歴任した人だ。そんな人が日本に来ていたのである。

 すぐにピンとこないのは理由がある。まず、日本語での表記が一定していないためだ。ツンベルク、ツンベルグ、ツンベリ、ツンベリー、トインベルゲ、ツーンベリ、ツュンベリ、ツュンベリーなど混在している。グレタ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)をスウェーデン語で発音するのを耳で聞いて、無理を承知でカタカナ表記すれば(参考:音声ファイル)「ツューンバェーリ」がスウェーデン語の発音にもっとも近いように思うが、学術関連では「ツュンベリー」で定着しているようだ。

 とはいえ、グレタさんの日本語表記がグレタ・トゥーンベリに落ち着いたようなので、このコラムでは混乱を避けるため「トゥーンベリ」で統一することにしよう。ほんとうは、グレタさんのほうも、マスコミ関係者がもっとよく調査したうえで「グレタ・ツュンベリー」にしてほしかったのだが。

 余談だが、18世紀ドイツが生んだ世界文学の巨匠ゲーテも、日本語表記がゲーテに落ち着くまでは、さまざまな表記がされていたようだ。「ギョエテとは、俺のことかとゲーテいい」という川柳もある。ドイツ語の音に忠実に表記したら、Goetheはゲーテではないのだが、まあ、日本語人に発音しやすいゲーテで問題なかろう、と(参考:音声ファイル)。

ケンペルとシーボルトほど知名度は高くないが・・・

 江戸時代の日本に来たヨーロッパ人でもっとも有名なのは、江戸時代後期のシーボルトと、江戸時代前期の5代将軍綱吉時代のケンペル(ケンプファーともいう)であろう。いずれもドイツ人の医師で博物学者だ。ケンペルはドイツ北部、シーボルトドイツ南部の出身だが、出島のオランダ商館の医師として来日している。

 そのドイツ人ケンペルとドイツ人シーボルトの中間に来日したのが、今回の主人公であうスウェーデン人のカールトゥーンベリである。17世紀の終わりにオランダインド会社の職員として来日している人がいるので、初めて日本に来たスウェーデン人というわけではないが、カールトゥーンベリは江戸時代に来日した第1級の知識人であったといってよい。

 江戸時代ヨーロッパで唯一日本と交易が許可されていたのはプロテスタント国のオランダだが、そもそもオランダは人口が少ないうえ、はるか極東のジャワや日本まで行きたいという人は多くなかった。船乗りはさておき、医師や学者はなおさらであった。このため、オランダ人以外も採用されていたのである。幕府としても、カトリック国のポルトガルスペインの人間でなければ、とくに問題視していなかったようだ。

 日本滞在はわずか1年半であったが、精力的に日本の植物と事物を調査している。長崎の周辺と、出島のオランダ人商館長に同行した江戸参府の往復の道中で、大量の植物を採集し、標本として持ち帰っている。帰国後の1784年には、スウェーデンに持ち帰った大量の標本を詳細な分析を行ったうえで整理分類し、 『日本植物誌』(Flora Japonica)を出版している。日本の植物を体系的に分類した世界で初めての出版物であり、現在でも評価が高いという。

 来日前には、南アフリカのケープ植民地(当時は、オランダ本国と蘭領東インドのバタヴィアとの中継地点であった喜望峰の周辺)に3年間滞在し、探検調査旅行を3回実施している。ケープの植物界は、生物多様性に富んでいる日本よりも植物の種類が豊富であり、こちらでも優れた業績を残している。ケープ滞在中にはオランダ語をしっかりと身につけ、日本渡航にも備えている。そして、いよいよバタヴィア(現在のジャカルタ)を経て、長崎に来たというわけだ。

 カールトゥーンベリについては、海洋生物学者で博物学史研究家の西村三郎氏が、『リンネとその使徒たち-探検博物学の夜明け-』(朝日選書、1997)で大きく取り上げている。日本では19世紀になってから来日したドイツ人のシーボルトが有名だが、学問世界、とくに植物分類学への貢献という点では、スウェーデン人のカールトゥーンベリの功績はきわめて大きなものがある。リンネによって海外各地に派遣された「使徒」の1人であり、18世紀の探検博物学者を代表する1人であった。ちなみに、日本の海岸に自生するクロマツ(黒松)の学名「Pinus thunbergii」には、トゥ-ンベリの名前が刻まれている。

生物学者カール・リンネの偉業

 ここで、「分類学の父」とされるカールリンネ1707~1778)について触れておこう。ラテン語による「学名」、すなわち「二名式命名法」を体系化した医師で博物学者である。生物学の世界でリンネの名前を知らない人はまずいないというほどの有名人だ。リンネの同時代人には、スウェーデンレオナルド・ダヴィンチともいうべき万能の天才で、「霊界通信」でも有名なスウェーデンボリ(スウェーデンボルクともいう)がいる。

「二名式命名法」とは、日本人の姓名のようなものだ。日本人の姓にあたるのが「属名」、名にあたるのが「小種名」で、この2つを組み合わせることで、1つとして重複のない万国共通の学名を作り出すことができる。この「二名式命名法」が確立したおかげで、生物学の研究者が共通語で語り合える基盤ができあがっているのである。

 具体的な例で示してみよう。たとえば、つぶつぶの果実が紫色で美しく、観賞用に栽培されているムラサキシキブという和名のシソ科の落葉低木がある。このムラサキシキブの学名は Callicarpa japonica という。Callicarpaはシソ科の属名、japonicaは日本を意味する小種名である。これは、カールトゥーンベリが日本に自生している植物を採集し、スウェーデンに帰国後の1784年に命名したものだ。

 2007年5月のリンネ生誕300年の際、当時の天皇陛下(現在の上皇陛下)が英国のロンドンリンネ協会で「リンネと日本の分類学-生誕300年を記念して」という基調講演を英語で行い、英国の科学誌『ネイチャー』に掲載されている。上皇陛下は、ハゼの分類を専門とされている魚類学者でもあり、ハゼの新種を6つも発見されている。リンネの功績とトゥーンベリをつうじた日本での二名式命名法の普及については、上記の講演録の英語原文と日本語訳宮内庁サイトに掲載されているので、ご関心のある方はぜひお読みいただきたい。

250年前、すでに地球は狭くなっていた

 カールトゥーンベリは、植物学者として評価が高いが、もともとは師のリンネと同様に医師として専門的な訓練を受けた人だ。医師であったからこそ、オランダインド会社の職員として日本への渡航も可能となったのである。

 当時日本人のあいだに蔓延していた梅毒の治療法としてオランダから持ち込んだ塩化第2水銀による治療法を伝授し、大いに名声を博している。この件にかんしては、トゥーンベリ自身が『江戸参府随行記』(斉藤文訳、平凡社ライブラリー、1994)のなかで触れている。日本でトゥーンベリの協力者であったオランダ通詞は蘭方医でもあり、水銀による梅毒治療で一財産を築いたらしい。

 カールトゥーンベリが来日した1775年(安永4年)の前年には、日本初の解剖学の専門書がオランダ語から翻訳され、『解体新書』と題して出版されている。将軍は徳川家治であり、老中は田沼意次であった。経済発展を重視した改革の時代であり、蘭学が盛んになっていた自由活発な時代でもあった。エレキテルの平賀源内が活躍した時代であり、盲目の国学者・塙保己一が『群書類従』刊行を学問の神様に誓っている(参考「ヘレン・ケラーが涙した全盲の学者、塙保己一の偉業」)。

 前野良沢と杉田玄白とともに『解体新書』を翻訳した小浜藩の蘭方医・中川淳庵(なかがわ・じゅんあん)は、オランダ語がよくできることもあって、幕府の医官であった桂川甫周(かつらがわ・ほしゅう)と連れ立って江戸に滞在中のトゥーンベリのもとを連日のように訪れ、意気投合して熱心に話し込んだのだという。トゥーンベリ32歳、淳庵36歳、甫周24歳、みな若かった。

 三者の関係は、お互いにとって有意義で実りあるものだったようだ。スウェーデンに帰国後も、贈り物の交換とオランダ語の手紙のやりとりをつうじて関係は続いており、桂川甫周と中川淳庵のオランダ語による手紙はウプサラ大学に保管されている。

 1784年に出版された『日本植物誌』に協力者として登場することから、桂川甫周と中川淳庵の名はロシアにまで知られていたようだ。この件は、漂流先のロシアから1792年に帰国した大黒屋光太夫(だいこくや・こうだゆう)によって日本に知らされることになった。ロシアから光太夫を連れて帰ったスウェーデン系のアダム・ラクスマンの父親キリルは博物学者で、カールトゥーンベリの弟子であり、桂川と中川にあてた手紙を光太夫に預けていたらしい。

 光太夫が、将軍・家斉に謁見を許された際のエピソードが面白いので紹介しておこう。

ロシア人は日本のことを知っているか?」という尋問役の質問に対して、光太夫は、「日本のことは、何ごとによらずよく知られています。日本人では、桂川甫周様、中川淳庵様と申すお方の名前が、日本について書かれた本に出てくると承っております」と返答しているが、この発言にどよめきが生じたという。そのときの書記役が、なんと将軍の侍医を務めていた桂川甫周その人であったからだ。このことで桂川甫周は将軍の面前で大いに面目を施したという。18世紀末には、日本人にとっても地球はすでに狭くなっていたのである。

 とはいえ、日本とヨーロッパのあいだは帆船による海上交通しかなかった時代であり、ヒト・モノ・カネも情報も往復には2~3年かかっていた。現在の時間距離でいえば、地球と火星との往復に該当するといっていいだろう。英国で始まった「産業革命」はまだ初期段階であり、二酸化炭素CO2)排出が原因の「地球環境問題」など存在しなかった。鉄道網の整備どころか、航空機など存在すらなかったことは言うまでもない。

「飛び恥」のグレタさん、鉄道で日本へいらっしゃい

 さて18世紀末から、ふたたび21世紀の現在に戻ることにしよう。同じトゥーンベリでも、今度はカールではなくグレタのほうだ。カールの時代には帆船しかなかったので、日本に来るには喜望峰回りでインド洋を横断するしかなかったが、グレタの場合は、航空機全盛の現在に、あえて帆船のヨットで大西洋を横断している。

 こうしたグレタ・トゥーンベリさんの行動から広まった表現に「飛び恥」というものがある。スウェーデン語の “flygskam”(フリュグスカム)から日本語になったものだ。英語だと“flight shame”になる。読んで字の如く、「飛ぶのは恥」という意味だ。

 その心は、気候変動に影響を与えている二酸化炭素CO2)を多く排出する航空機クルマに乗らず、移動に際してはできるだけ環境に優しいとされる鉄道の利用を推奨するものだ。実際に2019年に入ってから、スウェーデンでは鉄道利用者が増加傾向にある反面、航空機の利用は落ち込みを見せているという。

「飛び恥」は、北欧発の新たなライフスタイルとして、世界最大の家具販売チェーンIKEAのように、先進国を中心に世界に普及が始まっていくかもしれない。すでに英国のサウサンプトンから学術研究のために中国の浙江省寧波(ニンポー)まで、1カ月超かけて鉄道で移動した英国人男性も登場している。

 私もシベリア鉄道を使って40日かけてユーラシア大陸を横断したことがある。中国の大連から北京に移動し、北京からモスクワまではシベリア鉄道モスクワからサンクトペテルブルクを経て、スウェーデンストックホルム経由でドイツスイススペインを経てポルトガルのロカ岬まで、鉄道とフェリーを乗り継いで移動した。成田から大連まで航空機で移動したのは画竜点睛を欠くのだが、神戸からフェリーで上海まで行き、そこから北京まで鉄道で移動すればよかったなあと、現在ではちょっと後悔している。

 ぜひグレタさんには世界一周して見聞を広めていただきたいと思う。環境活動に専念して、ほとんど授業には出席していないようだが、学校の勉強よりも大事なことはいくらでもある。自分の目で見て自分で確かめることは、何よりも実物教育となる。大学入学資格さえ取っておけば、勉強したくなったときに進学することは可能だ。

 世界一周の途中では、ぜひ日本に立ち寄ってほしい。まずはシベリア鉄道を使って北京まで出たらよい。そこから上海までは鉄道で、上海からはフェリーで長崎へ(もちろん可能ならヨットで!)。日本に上陸したら鉄道で日本一周旅の途中にあるロシアも中国も、さすがにビザを出さないということはないはずだ。

 来日したら、日本の若者たちと大いに交流してもらいたいものだ。日本の同世代の若者たちに大きな刺激を与えてほしい。もちろん大人にも。スウェーデン料理が恋しくなったら、IKEA店舗内のレストランに行けばいい。IKEAではスウェーデンの食材も入手可能だ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国経済は“紳士”になれるか否かにかかっている

[関連記事]

外資の餌食に、日本のカジノを待ち受ける悲劇的未来

ローマ教皇は宗教弾圧国家・中国とどう向き合うのか

スウェーデン・ストックホルムの自然