今年2019年の顔となった芸人と言えば誰だろうか? 2018年M-1グランプリで優勝後、テレビ大躍進した霜降り明星、安定した人気で露出を拡大している千鳥、ものまね芸人ではMr.シャチホコりんごちゃんの活躍も目立った(敬称略、以下同)。

 一方で、彼らのような王道路線とは別に注目を集めたコンビがいる。キングコングの西野亮廣(39)と、梶原雄太(39・現:カジサック)の2人だ。

キングコング
吉本興業公式サイトより
 今年で結成20年目。これまで、彼らの道のりは決して平たんなものではなかった。人気絶頂だった2003年に梶原は失踪。2カ月半ものあいだ芸能活動を休止した過去も持つ。

 相方の西野は、バラエティ番組の“ひな壇”には座らず、いつからか「ウォルト・ディズニーを倒す」と絵画の世界に没入。絵本を出版し、ニューヨークで原画展を開くなど、お笑い芸人らしからぬ活動を進めるなかで、「どこに向かうのか?」と疑問の声が沸き上がったのはほんの数年前の話だ。

 そんな彼らがどうやって人気を再浮上させたのだろうか? そこにはいくつかの理由があると考えられる。

養成所時代からエースだった2人

 そもそもキングコングは養成所時代からのエースだった。在学中にNHK上方漫才コンテストで最優秀賞を受賞するなど、前代未聞の出世頭として人気者になっていく。芸歴1年目にして『はねるのトびら』(フジテレビ系)のレギュラーに抜擢。芸人として最高のスタートを切った。

 ところが、しばらくすると彼らの人気は停滞する。芸歴が浅いなかでのデビューだったため、人気に実力が追いついていなかったのだ。2012年には11年半続いた『はねる』も終了。そこからテレビで見かける機会もグッと減った。

 ここからの西野の行動が波紋を呼びはじめる。SNSを活用し、自身のトークライブのチケットを手売りするなど、一見駆け出しの若手芸人にも似た行動に出た。さらに、タモリアドバイスを受け、絵本の制作に邁進。オンラインサロンを起ち上げ、その作業工程をメンバー間でシェアするなど、まるでブロガーやIT企業の社長のような動きもとりはじめた。

 しかし今振り返ると、これらはすべて西野のマーケッター的な才能の開花だったと言っていい。そもそも西野は、“お笑いトップになる”ことを目標に芸人になった。

実は最初からあった?マーケッター的な才能

キンコン西野
※西野亮廣公式サイトより
 今年9月に放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した梶原によると、『はねる』でキングコングセンターを務めることになり、自身が立ち回りにプレッシャーを感じていたなか、相方の西野は「天下を獲る準備できたな」と鼻息を荒くしていたという。つまり、西野にとってお笑いは頂点を掴むひとつの手段だったのだ。

 たびたび西野は「お金持ちじゃなくて“信用持ち”になるべき」といった趣旨の発言をしているが、ライブのチケットを手売りしていたのも、視聴率という不明確な数字ではなく、確実なファンを獲得するための行動だったように感じる。

 自身の絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)をネットで無料公開した際には、「「ありがとう」という《恩》で回る人生があってもいいのではないか」との持論をブログで表明。バッシングの声もあったなか、絵本としては異例の累計発行部数40万部を突破(2019年12月時点)。しっかりと結果を残している。

 独自のマーケティングを成功させつつ、最近では、ネットテレビの番組でご意見番的な役回りで存在感を見せはじめた。テレビは、先見の明がある“かぶき者”として、新たに西野を迎え入れたと言っていいだろう。

“らしさ”が炸裂!再ブレイクした梶原

 一方の梶原は『はねるのトびら』終了後、劇場での漫才と地元大阪での番組出演がメインになった。2013年YouTubeチャンネル「毎日キングコング」の配信をスタートさせているが、当時はまだ今のような熱意はなかったはずだ。

 多くの芸人が集結する『はねる』で持ち味を活かせなかった梶原。もともと“ポスト岡村隆史”を期待されていただけに、きっと西野以上に“ひな壇に座る”のは気が引けたことだろう。

 そんなか、あるイベントに出演した際、シークレットゲストとして登場したYouTuberフィッシャーズと水溜りボンドの人気を目の当たりにする。自分の知らない人間に湧き上がる大歓声。梶原は「こんな世界があるのか!」と驚愕したという(2019年6月25日発行『VVマガジンvol60』より引用)。

 また、10月1日に開設したYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」で、梶原は「芸人が有名YouTuberの方に絡みに行くって新しいと感じ、行動(ラファエルさん、ヒカルさん、へきハウスさんのチャンネルにお邪魔)した」と、そのきっかけについて語っている。

改めて芸人としての話術にも称賛



 YouTubeの動画製作は基本的に少数精鋭。しかも、自身の持ち味を活かしたコンテンツがつくれる。直感するものがあったのだろう。梶原は“カジサック”を名乗り、昨年10月チャンネルを開設。YouTuberデビューを果たす。同時に「2019年の年末までに登録者数100万人を達成しないと芸人を引退する」と表明したことでも大きな話題となった。

 芸人をゲストに招いてのフリートークはたちまち評判を呼んだ。プライベートに近い雰囲気のなかで、テレビでは取り上げられることのなかった新情報が飛び出すこともある。これまでらしい軽快なトークも冴え渡り、ゲストの芸人から今まで視聴者が見たことのないような表情や個性が引き出されていく。YouTuberとしてだけでなく、改めて芸人としての話術にも称賛が集まった。

 目標に掲げた「登録者数100万人」は今年の7月の時点で突破。フタを開ければ、154万人に膨れ上がったモンスターチャンネルとなった(2019年12月現在)。今年から次々とタレントYouTubeに新規参入したのも、先陣を切った梶原の成功によるところが大きいだろう。

時代の先をいっていたキングコングの芸人像



 キングコングの経歴を振り返ると、実に2度もスターの座を手に入れている。1度目はテレビ、2度目はネットだ。しかし、そのあいだには厳しいいばらの道があった。それは、メディアが多様化していくなかで、視聴者側の意識が変化していったことも影響しているように感じる。

 たとえばコンプライアンスの問題だ。かつてのバラエティ番組は、より過激な発言をすることで若者の支持を集める傾向にあった。しかし、スマホの普及によってネットユーザーの批判を無視できなくなり、テレビ局の自粛モードは加速。とくに東日本大震災後はますます保守的になり、少しでもバッシングがあれば謝罪会見を開いたり、謝罪文を発表したりするのが当たり前になった。

 そんな状況下で大衆が求めたのは、サンドウィッチマンに代表される“人柄のよい芸人像”だった。キングコングは、数年前までその真逆の存在だ。とくに西野は、SNS上のコメントでたびたび炎上するなど「嫌いなタレント」の代表格。梶原は全国ネットでの露出が減り、世間から注目さえされていなかった。これをひっくり返したのが西野の行動力だ。時代よりも先にいくビジネスモデルコミュニティ形態を示し、成功させたことで、世間の目は「奇才の芸人」という評価へと変わっていった。

 若手時代は「イケメン芸人枠」と持ち上げられ、人気が落ち込めば「面白くない」となじられたキングコング。しかし、西野は決して世間に振り回されることがなかった。そのブレない姿勢が世間からの信用を勝ち取り、相方・梶原にも勇気を与え、YouTubeチャンネルの成功の土台を支えていたように感じる。

 2019年キングコングの2人は、テレビスターとは別の「時代の寵児」として存在感を発揮した。我が道を進んだことで、テレビの世界でも彼らのブランド価値が上がったと言っていいだろう。今後はどんな活躍を見せてくれるのか…来年以降の彼らの動きに注目したい。

TEXT/鈴木旭>

【鈴木旭】

フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人リスペクトしている。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中

※YouTubeチャンネル「毎週キングコング」より