令和最初の大晦日12月31日(火)に放送される「ザワつく!大晦日 一茂良純ちさ子の会」(夜6:00-10:00、テレビ朝日系)で、人生で自分のファンだという人に会ったことがないという長嶋一茂に、人生初のファンレターが届く。喜ぶ一茂に、今回も高嶋ちさ子節がさく裂し石原良純も巻き込んでの、はちゃめちゃトークを展開する。

【写真を見る】読み上げられるファンレターに対する“ザワつくトリオ”の表情の違いに注目

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしてしまう、良純、一茂、ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げるバラエティー番組「ザワつく!金曜日」(毎週金曜夜7:00-7:54、テレビ朝日系)が、大晦日に4時間のスペシャルな内容で放送。

2019日本の迷惑問題を全部ぶった斬る」をテーマに、閉山中にもかかわらず忠告を無視して入山する「富士山の迷惑外国人」、飲酒運転事故など「危険・高齢者運転問題」、多発するスズメバチ被害に立ち向かう“スズメバチハンター”「ハンター田迎とノースリーブ内田の今年最後の聖戦」など、2019年をザワつかせた話題が続出。

スタッフによる密着取材VTRを見ながら、良純・一茂・ちさ子のザワつくトリオが持ち前のぶっちゃけトークを繰り広げる。

■ 笑顔が止まらない長嶋一茂

そんな「ザワつく!金曜日」の12月6日(金)放送の際に、新潟のマダムキラー、若手演歌歌手・中澤卓也の人気ぶりをVTRで紹介。

ファンレタープレゼントをたくさんもらう中澤を見たサバンナ・高橋茂雄はスタジオで「一茂さんも現役時代はファンレターが多かったんとちゃいます?」と聞くが、意に反して一茂は「実はそうでもないんだよ。53年間生きてきているけど、自分のファンだという人に会ったことがない」と嘆いていた。

しかしその放送後に、番組宛に“一茂ファンレター”が届く。スタジオサバンナ高橋から“朗報”を聞かされた一茂は、一瞬にしてはちきれんばかりの笑顔となり「今まで生きてきた中で初めて!」と喜びを爆発させる。

しかも小学校2年生の子供など、すべて子供たちからのファンレター。その驚きの数が発表される。さらに、ちさ子の息子も一茂ファンとのことで、意外にも一茂が子供からの人気が高いことが明らかに。

そして高橋がファンレターの内容を読み上げると、その内容に「すっげえ、うれしい」と喜び、「高橋、お前、今日はいい仕事しているな」とにっこり。普段は好感度なんて気にしてない!という一茂も、子供たちからの人生初のファンレターに終始ご機嫌の様子を見せ、調子に乗って驚きの“来年の抱負”を語る。

しかし、そんな上機嫌の一茂にちさ子節がまたしても炸裂し、令和元年最後までザワつかずにはいられない、はちゃめちゃトークが繰り広げられる。(ザテレビジョン

初のファンレターに「今まで生きてきた中で初めて!」と喜びを爆発