バターたっぷりのクロワッサンといえば、フランスのパン。パリに行ったらクロワッサンを食べたい!それが筆者の夢でもありました。とはいえ、クロワッサンを扱うベーカリーはいっぱいあるもの。その中でも賞を取ったほどおいしいクロワッサンのお店「Maison d’Isabelle(メゾン ディザベル)」へ行ってみました。


2018年に1位を取った有名クロワッサン



「メゾン ディザベル」は、地下鉄「Maubert Mutualité
(モベール・ミチュアリテ)」駅の出口のすぐそばにあります。サンジェルマンからも近く、とても分かりやすく見つけやすいお店です。黒い屋根にお店の名前「」が書いてあります。そして、2018年にパリのクロワッサンの1位を取ったという「1er Prix 2018」しっかり書かれています!





店内には様々なパンやペストリーがずらっと並びます。バゲットももちろんありますし他にもハード系のパンや、ブリオッシュ、カヌレなどもあります。





パン以外にもケーキタルトもずらり!とくにリンゴを使ったタルトが本当に美味しそう…。日本でも人気のエクレアもちゃんとありました。お腹に余裕があれば買っていきたいところですが。

バター香るクロワッサンは絶品!



もちろん、お目当てはこのクロワッサンですよ!見るからに層がたっぷりありそうなぽってりした見た目です。これで1ユーロというのですから!



隣にあるのはクロワッサンチョコレートサンドしたPAIN AU CHOCOLAT(パン・オ・ショコラ:1.20ユーロ)です。こちらもオススメということで購入してみました。



店内にはイートインスペースがないので、そのまま袋に入れてもらいました。ああ、でもすぐ食べたい!



なんでも、パリではクロワッサンを食べ歩きしている人が多いとか。そう友人に言われて、我慢できずに袋からクロワッサンを出してみます。こんがりいいきつね色です。



一口食べてみると、中は何重にもなった層が。バターの香りがたまりません。やっぱりフランスバターが違うのか、味の深みが日本のものとは違います。外側はぱりぱり、中はしっとり。割と大きめだったのに、あっという間に食べきってしまいました。

一度はここのクロワッサンを食べてみて!



他にもパリでクロワッサンは食べましたが、筆者はこの「Maison d’Isabelle(メゾン ディザベル)」が一番でした。さすが、2018年に1位を取っただけあります。本当に美味しいので、パリに来たら立ち寄ってみてください。

一緒に買ったパン・オ・ショコラは後で食べましたが、こちらも美味しくいただきました。


Maison d’Isabelle(メゾン ディザベル)
住所:47 boulevard Saint Germain 75005 Paris
電話番号:+33(01)43540414
営業時間:6:00〜20:30
定休日:月



[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

待ちきれず食べ歩きしました