横浜FMの優勝に貢献した大津がSNSで写真公開、旅館でのサプライズに喜び露わ

 J1横浜F・マリノスの元日本代表FW大津祐樹が公式インスタグラムを更新し、妻でテレビ朝日アナウンサーの久冨慶子さんとの“箱根旅館2ショット”を投稿した一方、あるサプライズに「嬉しい」と喜びを露わにしている。

 現在29歳の大津は2008年柏レイソルでプロデビュー2011-12シーズンにボルシアMG(ドイツ)、2012-13シーズンから3シーズンにわたってVVVフェンロ(オランダ)に在籍し、2015年に古巣の柏へ復帰した。2018年から横浜FMに在籍しており、今季はリーグ戦23試合に出場して15年ぶり4回目の優勝に貢献している。

 シーズンを戦い終えた大津は、30日に自身の公式ツイッターを更新。妻と箱根の旅館に宿泊した際の2ショット写真をアップし、「なんだかほっこりする話」を打ち明けている。

「箱根でご飯食べ終わった直後サプライズで旅館が優勝祝いと結婚祝いですとマリノスプレートに2人の名前を入れて渡してくれました」

 浴衣姿の2人が特製プレートを持ちながら笑みを浮かべており、大津は「サプライズってとても嬉しい」と驚いた様子を見せつつ、「ありがとうございました」と感謝の意を示している。返信欄ではファンからも「粋なことするなぁ」の声が漏れた一方、貴重なオフショットに「浴衣姿が素敵です」「美男美女お似合い」などのコメントも並んでいる。

 来年3月に30歳となる大津は新シーズンに向けて充実のオフを過ごし、英気を養っているようだ。(Football ZONE web編集部)

横浜FMのFW大津祐樹【写真:荒川祐史】