カズが名を挙げたレフティー 途中出場のプレー時間15分で1G1A

 プレーぶりは、静岡学園(静岡)のOBで来季からJ1の舞台で戦う横浜FCの元日本代表FW三浦知良にとってもインパクトがあったようだ。12月31日に行なわれた第98回全国高校サッカー選手権の1回戦で静岡学園は岡山学芸館(岡山)に6-0と快勝。スタンドで試合を観戦していたカズは、試合後に取材を受け、「途中出場した19番の草柳祐介選手」の名前を出すと、周囲と話題にしていたことを明かした。

「左足のスペシャリストですよね? 試合を見ながら、ずっと話していたんですよ。左足のスペシャリストで、独特の感覚でボールを持っている感じがありましたね」

 チームが4-0とリードしていた後半20分にピッチに立ったMF草柳祐介は、左サイドを基本ポジションにしながら、状況に応じて中央にも進出し、多くのチャンスに絡んだ。後半37分には中央でパスワークの中からFW岩本悠輝のゴールアシスト。さらに終了間際のアディショナルタイム3分には、ゴール前でDF森井麻央のパスを受けてダメ押しとなる6点目を決めた。

 2012年にタイで開催されたフットサルワールドカップ(W杯)にも出場したカズは、草柳の得点を「フットサルみたいなゴールでしたね」と話したが、実際にこの草柳は小学4年時からフットサルの全国リーグであるFリーグに所属する湘南ベルマーレの下部組織P.S.T.C.ロンドリーナ(現S.B.F.C.ロンドリーナ)に在籍し、中学卒業までサッカーと並行してフットサルプレーしていたのだ。

 フットサル経験のある選手というと、どうしても足技のある選手というイメージを持ちやすい。草柳は足もとのテクニックはもちろんだが、ボールがないところでの動きにもフットサルで磨いた技術を強く感じさせる。

 たとえば、ゴールシーン。左サイドハーフに入った草柳がボールを受けたのは、右のゴールポスト前だった。オフサイドのないフットサルでは、相手ゴール前のファーポスト前に待ち構える「セグンド」「ファー詰め」と呼ばれる戦術がある。サイドから崩した際に、ラストパスを、パスを出す選手から遠い方のゴールポスト前で受ける戦術的な動きだ。

 草柳自身もフットサルで磨いた自身のプレーの特長を語るなかで、このゴールについて触れている。

「ずっとサッカーだけをやってきた選手とは違う」 フットサル仕込みの技術は「特長」

「細かいところの動きとか、一瞬マークを外す動きは、フットサルで身につけたもので、ずっとサッカーだけをやってきた選手とは違うと思います。相手の目線が逸れた一瞬でマークをはがしたり、瞬間的な動きというのは、自分の特長だと思います。点を取ったシーンも、サッカーでは『ごっつぁん』と言われますが、フットサルでは『セグンド』と呼ばれる動きです。そのイメージはずっと持っていました。みんな意図的にできるわけではないので、それは自分の特長だと思います」

 ポゼッションで上回っているチームが、相手を押し込みながらもスペースがなくなることで攻撃がノッキングしてしまうという現象は、サッカーで起こりがちだ。だが、より狭いフットサルピッチでのプレーに慣れており、一瞬でマークをはがせる草柳の存在は、まさにそうした局面でも攻撃の切り札として打ってつけだ。

 高校選手権の静岡県予選まではスタメンだったという草柳だが、県予選から与えられている途中出場という役回りの意図もしっかりと汲み取っている。「自分は途中からでも試合に入っていけるように準備をして、毎試合、出場したら必ず結果を出すということにこだわって自分にやれることを、しっかりやっていきたい」と、2回戦以降への意気込みを語った。

 決勝戦を大学受験のため欠場していた県大会では、3試合に途中出場したが、ゴールアシストも記録できなかった。それが全国大会では15分間で1ゴールと1アシストを記録。キング・カズにもインパクトを与えたプレーは、この先の戦いでも静岡学園の大きな武器になるはずだ。(河合 拓 / Taku Kawai)

静岡学園高校MF草柳祐介【写真:Football ZONE web】