1月2日(木)放送の「新春しゃべくり007」(夜6:30-10:54、日本テレビ系)で、ラグビー日本代表・田中史朗選手、堀江翔太選手、山中亮平選手、田村優選手、稲垣啓太選手、姫野和樹選手、松田力也選手、さらにプロボクサー・井上尚弥選手らが登場する。

【写真を見る】2019年大活躍だったラグビー日本代表はスーツを着用して新年最初の「しゃべくり007」に登場

2019年ラグビーW杯にてベスト8入りした、ラグビー日本代表。今回、7人で登場した選手らを、「ラグビー007」と名付けることに。さらに、激動のW杯を終えてから、どのような変化があったのかを聞いていく。

また、選手らは「ラグビー007は、しゃべくりメンバーに負けたくない気持ちできました」と明かすが、しゃべくりメンバーは「我々、今は6人なんだけどね」と漏らす。

現在は、一人足りないしゃべくり007メンバーの助っ人として、プロボクサー・井上尚弥選手が登場。どうして番組に出てくれたか聞くと、井上は「しゃべくりが大好き。呼ばれて光栄です」と嬉しそうに語る。

企画では、2020年の目標を書き初めにしたものを紹介。田中選手は「友達を作りたい」と書き初めにした。「チームを移籍すると、人間関係も変わるので新しく友達を作りたい」と明かす。

さらに、“笑わない男”としても注目されている稲垣選手は「ラテアートをしたい」とかわいらしい一面を見せる。「ラテ用の機械を買ったけど、まだ上手くできない」と明かした。

また、ラグビー選手の「恥ずかしい映像」を番組が入手。堀江選手は、友人の結婚式用に撮った映像内でなぜか「きかんしゃトーマス」のトーマスの被りものを装着していた。

スタジオでは、映像を再現し堀江選手がトーマスを被るも、原田泰造も被ることに。

井上選手の恥ずかしいことは、「あっち向いてホイが苦手なこと」だった。ボクシングで鍛えられた動体視力で、指を追ってしまうという。またも、原田が挑戦することに。

ほか、企画では「しゃべくり007をぶっ壊せ!ゲストは何やっても最強007」と題して、“ラグビー007”と“しゃべくり007”で「アゲアゲ!イントロ対決」「手押し相撲対決」「おいしい春巻き早巻き対決」で戦う。負けたチームは、包丁を使わずそのまま材料を押し込んだ『稲垣選手特製スムージー』を飲むことに…。(ザテレビジョン

1月2日(木)放送の「新春しゃべくり007」にてラグビー日本代表と、井上尚弥選手が登場!