お正月からヒプマイ! 音楽原作キャラクターラッププロジェクトヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。12月25日リリースのイケブクロ・ディビジョンのCD「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」を記念し、山田二郎を演じる石谷春貴さんのインタビューをお届けします!


2017年9月に始動し、ライブゲームアプリコラボレーションなど多方面で盛り上がる音楽原作キャラクターラッププロジェクトヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(略称:ヒプマイ
2020年にはアニメ放送も決定し、その熱狂ぶりはとどまるところを知りません!
12月25日には、最新CD「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」がリリースされました。

今回numanでは、”山田二郎特集”として、イケブクロ・ディビジョン山田二郎を演じる石谷春貴さんの独占インタビューを、前後編に渡ってお送りします!
この前編では、MV発表時から大きく話題となった「School of IKB 」収録時のエピソードや、ドラマトラックの内容、注目を集めるキャラクター天谷奴 零 (CV:黒田崇矢さん)についてまで、numanでしか聞けない濃い目のお話を伺います。

▼関連記事  
【後編】『ヒプマイ』石谷春貴インタビュー!「兄弟仲がめっちゃよくなりました!」イケブクロ・山田二郎の”変化と成長”
『ヒプマイ』山田二郎特集! JABBA DA FOOTBALL CLUB独占インタビュー|「School of IKB 」楽曲提供

 (134212)

ヒプマイ』山田二郎役・石谷春貴インタビュー numan写真画像1

▲山田二郎(やまだ じろう)/山田三兄弟の次男で、喧嘩にめっぽう強い高校ニ年生。兄・一郎を神格化しており、弟の三郎とは小競り合いばかりしている。“番犬”とも恐れられているが、アニメラノベに詳しい一面も。イケブクロ・ディビジョンBuster Bros!!!」所属。

 (133988)

ヒプマイ』山田二郎役・石谷春貴インタビュー numan写真画像2

▲山田二郎役、石谷春貴さん。

二郎に変化? キャラクター性を重視したレコーディング

――12月25日リリースされた「School of IKB」は、山田二郎の最初のソロ曲「センセンフコク」とは雰囲気がずいぶん変わって、柔らかい印象になりましたね。

石谷春貴(以下、石谷) 「センセンフコク」の​ように、ほかの人に噛みついている二郎ではなく、イメージとしては学校の帰り道のような……
サウンドを聞いた瞬間に夕焼け空が浮かんで、口笛を吹きながら歌う曲のような感じで、皆で一緒に歌えそうですね。

楽曲を制作してくださったJABBA DA FOOTBALL CLUBASHTRAYさんとBAOBAB MCさんにはレコーディングに立ち合っていただき、歌う時も「もっと力抜いていいよ」とか、ディレクションしてくださいました。
「センセンフコク」では前に前に、という勢いでしたが、今回は二郎の素が出るよう“絶対”という歌詞に、彼の気持ちをしっかり込めるように意識しました。

繊細な曲ですけど前向きで、ファンの方や聴いてくださる方々が前を向けるような、寄り添う歌詞になっていますよね。
ASHTRAYさんがキャラクター性をすごく大事にしてくださったので、ディレクションに応えると「これもいい!」「このパターンも欲しい!」とか、僕としても嬉しくなって「ではこういうのはどうですか?」と、ディスカッションしながらレコーディングできたのは大きかったです。

ヒプノシスマイク「School of IKB 」/ 山田二郎 Trailer

via www.youtube.com

――楽しい試行錯誤が多いレコーディングだったご様子ですね。JABBA DA FOOTBALL CLUBさんもインタビューでそう仰っていました。

石谷 毎回すごく褒めてくださるんですよ(笑)。だからこっちもノリにのって、ビートのまま気軽にのっていけたのかなと思います。JABBA DA FOOTBALL CLUBさんの曲を聴いたんですけど、あの若さの中で出せるパワー二郎と重なって見える瞬間がありました。

セリフの部分は、二郎の心情はもちろん、僕自身も1st  battle(※1)で結果発表があったとき、Twitterで“前を向いていきたい”と投稿したんですが、そうしたニュアンスも入っていて、シンクロする部分が多かったですね。

後半にいくにつれて歌詞に前向きな部分が増えていって“ It's so high”とか、「二郎だったら前向きで、テンション上げたほうがいいから」とか、今までのバトルを経た上での二郎やイケブクロの姿を、しっかり考えてくださっていました。

(※1) 1st  battle……『ヒプノシスマイク2ndシーズンBattle Season”(2018年4月開幕)で行われた、トーナメント形式のテリトリーバトルのこと。二郎のイケブクロ・ディビジョンは敗れて、ヨコハマディビジョンが決勝に進出しました。

 (133507)

ヒプマイ』山田二郎役・石谷春貴インタビュー numan写真画像3

▲イケブクロ・ディビジョンBuster Bros!!!の「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」ジャケット写真。公開時は「イケブクロのJK(ジャケット)」と略称で発表されたため、ネット上で「イケブクロのJK」というワードが話題となりました。

――ストーリー性があり、これまで二郎が歌ってきた歌詞や辿った出来事などが呼び起こされるような歌詞になっています。とくに気に入った部分や、聞きどころはどこでしょうか?

石谷 サビで「ここいいな!」と思ったのは“I wanna be a... ブクロの街がデッカイ学舎 あの公園がいつもの溜まり場”という部分で、そこがいいパンチラインだなと思っています。確かにあそこサイファーしている人がいるし、このジャケットの絵が浮かんでくる描写ですよね。

“東の方見上げりゃほらサンシャインとか、この一回落ちるところも好きですね。
あとは“繰り返さず 塗り替えよう 振り返らず 踏み出してくよ”というのもすごく好きです。勝ち負けだけでなく、誰にも当てはまる部分があると思うんですよ。

“届かなそう でもI gotta go あの約束 次は果たそう”も、自分自身との約束とも、ほかの人との約束ともとれるし……挑戦していくのが大事だよね、だからその目標を果たせるように頑張りましょうとか、込められた意味が分かりやすい。
そこから“I wanna be a...”自分のなりたいものはなんだろうとか、ひとつひとつの歌詞に意味があるなと感じます。

あととくに“そんな過去も 最後は最高?って なるよう明日も進む My roadというところも。後ろ向きじゃなくて前向きだし、列車じゃないですけど、後ろに進まないところが二郎っぽいなと思います。

“こじれた頭”も、きっと悩んでたんでしょうね。それで“探してみても途切れたまま 見つめ直すよ自分自身”も、見つめ直さなきゃ上を取れない、みたいな感じのところとか。
歌詞の中にドラマがあって、区切ってもいいし、全体の流れもあって、次も頑張るぞというのが見えて……もう全部好きです(笑)!!

――すべてが二郎を物語っているのですね。

石谷 そうですね。耳に残るんですよね、ビートが。皆も“I wanna be a... ”って言いやすいですしね。あと、ブクロのサインって「b」じゃないですか。
僕はこれって「OK」にも見えると思うんですよ。
だから「今の自分でOKだよ」という意味にもなると思うので、この曲をライブで歌う時は一緒に振ってほしいなと思います。

ドラマトラックで、アイツに二郎と三郎が挑みます!

 (134255)

ヒプマイ』山田二郎役・石谷春貴インタビュー numan写真画像4

▲天谷奴 零(CV:黒田崇矢さん)。オオサカ・ディビジョン”どついたれ本舗”のメンバー。非常に社交的ですが、自分の計画の為には手段を選ばない詐欺師です。公式ホームページではサングラスをとった素顔が公開されています。

――続いて、ドラマトラックについてもご紹介ください。ついに天谷奴 零(CV:黒田崇矢さん)の新たなビジュアルも明かされましたね 。

石谷 ついに出てきますよ、アイツが。そして二郎と三郎が挑みます! いや~~も~~、強えーんだコイツ(笑)

零のソロ曲FACES」の歌詞の中にも“東の地に躍動する遺伝子”とか、暗喩がありましたよね。もう「こんにゃろ~~!」ってなっている感じです。
山田三兄弟の中に、ひとつの真実として異物が入ってくるわけです。そんな中でも二郎は揺らがないと思うんですが、三郎が心配!!

――気になるのは二郎自身よりも、弟の三郎ですか?

石谷 ストーリーでは、一郎がいないところに零が来て、二郎と三郎に揺さぶりをかけくるんです。三郎ってアニキを越えたい、一郎を超えるような男になりたいって思っている。だから、その手段を選ばなくなった三郎が怖いなと思って。中学三年生ですし、揺らぐ危うさというのは間違いなくあるので、やっぱり心配です。

三郎のレクイエムを聴いて心配だったんですよ。僕は収録が早く終わったので、天﨑くん(※山田三郎役・天﨑滉平さん)の収録を見学できたんですが「ほあ~~~」ってなりましたもん。「天ちゃん大丈夫かな!?」って。そこは楽しみにしていただきたいですけどね。

オオサカ・ディビジョンの3人が登場するんですが、さすが零だなっていう状況作りをするんです。これはとにかく早く聞いてほしいですね! 収録中、黒田さんが怖いのなんの(笑)。掛け合いを録って、黒田さんがお芝居を終えた後に、思わず「こわっ!」って言っちゃって圧があるんですよね。

ヒプノシスマイク「レクイエム」/ 山田三郎 Trailer

via www.youtube.com

ヴェルディの「レクイエム怒りの日”」をサンプリング□□□の三浦康嗣さんが作詞・作曲・編曲を手掛けています。聴けば、石谷さんが「三郎が心配!!」と感じた気持ちも……。

――もはや衝突は絶対に避けらない相手ですね。

石谷 いってしまえば“いいオヤジなんだと思います。でも「一郎のことも考えてやれよ!」って思っちゃいますね。そういうシーンもほしいです。この先どうなっていくんだろうと先が気になるドラマトラックだったので、ぜひ聞いて、悶々としながら続きを待っていただきたいなと思います。

――これは新年をすっきり迎えられそうもないですね……!

石谷 たぶん、4つのディビジョンはみんなスッキリしないかと思いますよ。きっと「ギャーーー!!」とか「え……嘘……!」ってなる人がいっぱいいると思います(笑)

オオサカのイメージそのままで!

――新ディビジョンが発表されて12月で3ヶ月経ちましたが、オオサカ・ディビジョンにはどのような印象を持たれましたか?

石谷 オオサカは、岩崎さん(白膠木 簓役・岩崎諒太さん)ラップがすごくて。最初のディビジョン「あゝオオサカdreamin’night」を聴いた時、僕がイメージする大阪の方の声やラップイメージそのままで、すごい人だなって思いました。
昴さん(山田一郎役・木村昴さん)も以前ニコ生(公式ニコニコ生放送ヒプノシスマイク -ニコ生 Rap Battle-』、以下、ニコ生)で言ってたんですけど、僕たち12人がこれまで積み重ねて得てきた今の段階のレベルと同じものを出してきて、それでもなお「自分たちはまだ足りない」と感じていらっしゃるんです。

河西さん(躑躅森 盧笙役・河西健吾さん)とは、ほかのアニメなどでも共演していたので、オーディションに受かったという話は、聞いていました。
ニコ生にオオサカの3人がゲストで出演した時も「12人がすごい」って言ってくださって、自分たちもそこに入っていくんだからという覚悟がすごくある。じゃあ、僕たちも『ヒプマイ』での経験値や成長を出さないといけない、という指標になったのがオオサカですね。

――2019年9月に開催された4th LIVEで新たに発表された際、とても盛り上がりました。

石谷 1日目で発表された時、登場も派手だったじゃないですか。「どついたれ本舗でーす!」って岩崎さんが言った瞬間に、風穴を開けられたような感じでした。
智秋さん(勘解由小路無花果役・たかはし智秋さん)たちが「どついたれ本舗」と言うたびに笑いがもれるような状況も(笑)

Creepy Nutsさんをはじめ、オオサカの曲を担当された方々は、もともと好きで聞いていたんです。大阪の色がすごく強くて、キャラクターも3人が3人とも濃いですし、声優さんもすごくバランスがいい。
コミックスなどは登場していますし、ドラマトラックも聴いたら……盧笙と簓の関係に零が入って、この2人の絆の中に零がどういうアプローチをしていくのか、その関係性もすごく楽しみなディビジョンですよね。


インタビュー【後編】に続く。

 (133518)

▲オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”CD「あゝオオサカdreamin’night」ジャケット写真。メンバーは、左より詐欺師・天谷奴 零(CV:黒田崇矢さん)、お笑い芸人・白膠木 簓(CV:岩崎諒太さん)、教師・躑躅森盧笙(CV:河西健吾さん)の3名です。

まとめ

インタビュー後編では、オオサカ・ディビジョンの印象に続き、ナゴヤ・ディビジョンについて、公式ニコニコ生放送について、垣根を越えた声優同士の交流のエピソードなどを、お話いただいています。

二郎のソロ曲「School of IKB」を手掛けた、JABBA DA FOOTBALL CLUBさんのインタビューと合わせてお楽しみください。

▼関連記事  
【後編】『ヒプマイ』石谷春貴インタビュー!「兄弟仲がめっちゃよくなりました!」イケブクロ・山田二郎の”変化と成長”
『ヒプマイ』山田二郎特集! JABBA DA FOOTBALL CLUB独占インタビュー|「School of IKB 」楽曲提供

CD商品概要 Buster Bros!!! 「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」

イケブクロ・ディビジョン商品情報

Buster Bros!!! 「Buster Bros!!! -Before The 2nd D.R.B-」
KICA-3282
12月25日(水)発売
定価:2,000+税

【収録内容】
M1.「Break the wall山田一郎(CV.木村昴
作詞:好良瓶太郎 作曲:西寺郷太 編曲:西寺郷太・冨田 謙
M2.「School of IKB」山田二郎(CV.石谷春貴
作詞・作曲・編曲:JABBA DA FOOTBALL CLUB
M3.「レクイエム」山田三郎(CV.天﨑滉平
作詞・作曲・編曲:三浦康嗣(□□□
Sampling「レクイエム怒りの日”」作曲:Giuseppe Verdi
M4. Drama Track「Helter Skelter」

ヒプノシスマイク公式HP
https://hypnosismic.com/

Twitter
@hypnosismic

【写真追加】 ヒプノシスマイク 4th LIVE @オオサカ DAY1の全力&詳細ライブレポート!! 全キャスト初集結で熱気”ムンムンムン”
【写真追加】 ヒプノシスマイク 4th LIVE @オオサカ DAY1の全力&詳細ライブレポート!! 全キャスト初集結で熱気”ムンムンムン”

ヒプマイ』の第4弾ライブ、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th LIVE@オオサカ《Welcome to our Hood》』が2019年9月7日~8日の2日間に渡り開催。 木村昴さん、速水奨さん、白井悠介さん、浅沼晋太郎さん、斉藤壮馬さん、駒田航さんなど、4thライブにして初めて全ディビジョンの出演者が揃った激アツの初日ライブを大ボリュームでレポートします!

ヒプノシスマイク|ドラマトラック解説! 世界観&キャラクター相関は?
ヒプノシスマイク|ドラマトラック解説! 世界観&キャラクター相関は?

音楽原作キャラクターラッププロジェクトヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。今回は楽曲ではなく、各CDに収録されているドラマトラックに注目し、ご紹介していきます!

【ヒプマイまとめ】キャストインタビュー、用語集、ライブレポート&イベントレポートを一気読み!
【ヒプマイまとめ】キャストインタビュー、用語集、ライブレポート&イベントレポートを一気読み!

音楽原作キャラクターラッププロジェクトヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』(通称/略称:ヒプマイ)。世界観やキャラクター考察、キャストインタビューライブレポート、イベントレポートなど、numanに掲載されているヒプノシスマイク関連の人気記事をすべてこちらにまとめました。ヒプノシスマイクを知らない人も、どっぷり沼に浸かっている人もぜひチェックしてください♪(2019年11月26日更新)

『ヒプマイ』イケブクロ山田二郎役・石谷春貴インタビュー!「School of IKB」のレコーディングで!?