世界各国から集めてきた“スクープ映像”を紹介し、その中から2020年初のNo.1スクープ映像を決定する「世界のありえない映像 新春スペシャル 超ド級100連発」(夜6:30-10:00、フジテレビ系)が1月2日(木)に放送される。

【写真を見る】衝撃映像に、小芝風花は思わず口を覆い…驚きの表情を見せる!

同番組は、おもしろ映像や思わず手に汗握るハプニング映像、かわいいアニマル映像、奇跡の感動映像など、ジャンルを問わないさまざまな“スクープ映像”から、船越英一郎を審査委員長に、IKKO、森泉、柴田理恵カンニング竹山小芝風花、吉村崇の審査員が“No.1”映像を決定する。

今回WEBサイト「ザテレビジョン」では同番組を事前に視聴し、オリジナルレビューで番組の魅力を伝える。

まず初めに紹介されたのは、“あっと驚いた!どんでん返し部門”の映像。

この部門で紹介された「クジラがオキアミを食べる瞬間」では、推定約20mのナガスクジラがオキアミを食べる瞬間を公開。これまでにも捕食の瞬間はさまざまな形で撮影され、紹介されていると思うが、今回はドローンで真上から撮影されており、この角度からの映像は珍しく、なんといっても迫力がすごい

また、驚いたのは“まさに決定的瞬間部門”の「フランスモンブランからの滑走」の映像。プロスキーヤーが雪山を滑走する映像で、木の上をジャンプしたり、飛び立とうとするヘリコプターの回転翼の上をジャンプしたり、湖の上を滑走したりと、まるでアクション映画を見ているかのような迫力ある映像に、思わず「すごい…」と声に出してしまうほど。

さらに、オーストラリアで撮影された“予想を裏切られた部門”の「カンガルー赤ちゃん」では、草原を走っていたお母さんカンガルーから赤ちゃんが落ちてしまう映像が紹介される。産まれたばかりのカンガルー赤ちゃんが、お母さんカンガルーのお腹から落下した瞬間は心配でドキドキしたが、私自身これほど小さいカンガルー赤ちゃんは初めて見たので、保護されたかわいらしい赤ちゃんの姿にはとても癒やされた。

“予想を裏切られた部門”のアメリカアラスカ州で起きた「氷河の大崩落」は、カヤックで氷河に近づいているところで大崩落し、3mほどの波が押し寄せる危機一髪の瞬間。見ているこちらも思わず息を止めてしまうようなヒヤヒヤする映像で、改めて自然の恐ろしさを再確認するものであった。

そして、同じく“予想を裏切られた部門”のスペインカナリア諸島で撮影された「水上を歩く男」では、水面を歩いているかのような男性の映像が。海を知り尽くしたからこそ撮れる奇妙な映像であり、そのトリックには脱帽した。

このように、振り幅の広いさまざまな映像が紹介されるため、あっという間の3時間半であった。スタジオのIKKOが、かわいらしい猫の映像を見て「ほっこり~!」とコメントすると、吉村はキッチンが爆発する映像に対し「びっくり~!」と返すなど、審査員らのスタジオトークも個性的で笑いが止まらず、“スクープ映像”に負けないくらい目が離せない。是非、新年に家族そろって驚きが連発の“スクープ映像”を味わってほしい!(ザテレビジョン

「世界のありえない映像 新春スペシャル 超ド級100連発」は1月2日(木)放送