【アペルカンプ真大インタビュー|第3回】デュッセルドルフに加入した時から意識していた“トップ昇格”

 ブンデスリーガのフォルトゥナデュッセルドルフU-23でプレーするアペルカンプ真大(しんた)に朗報が入ったのは、2019年9月のことだった。ついにクラブから21年までのプロ契約が提示されたのだ。

 クラブ公式ホームページでは、スポーツ部門トップルッツファンネンシュティール氏の「シンタは素晴らしいタレント性を秘めており、いろんなポジションプレーすることができる。フォルトゥナで次のステップを踏めると信頼している。シンタと21年まで契約を結んだことは、自分たちの育成機関で育ってきた選手にチャンスを与えたいという自分たちのコンセプトの表れでもある」という喜びのコメントが紹介されていた。クラブ側も生え抜きの選手として期待を寄せている。

 どれだけ将来を嘱望されていても、実際にアカデミーの各年代チームを順調に昇格し、ユースからU-23、そしてプロ契約を勝ち取れる選手は限られている。毎年1、2人がという狭き門だ。誰も上がれないという年だってある。アペルカンプはいつから、“そちら側にいける”というイメージを持っていたのだろうか。

「正直ドイツに来てから、プロっていうイメージは日本にいた時よりもっともっと出てきて。ドイツに来てU-16、U-17とだんだん活躍できて。その頃からチャンスは意外と大きいから、絶対そのチャンスを生かさないとって思うようになりました」

 U-19ではキャプテンとしてシーズン11ゴールを挙げる活躍も見せていた。クラブからの信頼も感じていたことだろう。U-23で一定の出場数を重ねれば、プロ契約が結べるという話にもなっていたという。それでも、実際に「プロ選手」としての契約書にサインをした瞬間は格別な気持ちだったに違いない。

「確かメッセージを受けた時は学校にいて、チラッとスマホモニターメッセージが見えたんですね。最初はそうとは思わなかったんですけど。でもその後でメッセージを見て、本当だというのが分かって。自分の夢だったので、やっぱりとても嬉しいですね」

 自然と笑顔になる。喜びはどんどん広がっていただろう。それでも朗報はすぐ友だちには明かさず、そっと家に持ち帰った。最初に伝えるべきは家族だった。

「たぶんお母さんお父さんも今シーズン中にはプロ契約を結ぶというのは想像というか、分かっていたと思う。そういう部分では準備できていたと思いましたけど、やっぱりめっちゃ喜んでいましたね、はい。特にお母さんのためにも、嬉しいです」

母親は食事面でサポート「栄養に関するライセンスドイツで取ってくれて…」

 アペルカンプの母は、息子のために自分ができることを探してサポートし続けていた。自分のサポートが負担にならないように、普段の生活の中で自分ができること。食事にもっと気をつけてあげたい。強い体、怪我をしにくい体を作るためにはどんな栄養が必要なのだろうか。一念発起して動き出した。

「普段の生活から栄養にはとても気を遣っています。お母さんが栄養に関するライセンスドイツで取ってくれて、完璧にサポートしてくれているんです」

 温かい家族の支えがあったから、サッカーと学業に集中して取り組んでくることができた。一歩一歩、懸命に階段を駆け上がり、みんなの力で初めて勝ち取ったプロ契約だ。

 だが、ここがゴールではない。

「自分のU-19の監督も言っていました。『最初の契約じゃなくて、その次の契約がもっと大事だ』って。今、契約ができたからとリラックスできるわけではないですし、ここからが始まりなので……」

 アペルカンプはそう言った後、グッと顔を引き締めて続けた。U-23からトップチームへの壁を乗り越えるためには、まだまだ取り組まなければならないことがたくさんある。これまでプレーしていた年代別リーグではなく、U-23は成人男子4部リーグに所属している。元プロ選手もたくさんいる相手に大事な経験を積み、そこで身につけたものを実際のプレーへと還元していくことが求められる。

 ホッとしている暇はない。プロ契約を結んだものの、トップチームデビューすることなく消えていった選手は多いのだから。だからといって、上手くいかなかったらどうしようと心配したりする必要はない。上手くいくために、まっすぐに正しい努力を重ねていくことが大切だ。

「試合に出るために毎日毎日100%で、監督にいいパフォーマンス、自分が出たいというのを見せないといけない。1%でも気を抜いたら、1%でも緩めてはダメなんです。今までより、もっともっとやっていかないと。頑張ります!」

 張りのある声で、アペルカンプは力強く答えた。無数の可能性の中から、どんな道を築き上げていくのか。自分を信じて、助けてくれる家族の支えを力に変えて、これからも前を向いて歩いていく。

(第4回へ続く)(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

フォルトゥナ・デュッセルドルフのアペルカンプ真大【写真:中野吉之伴】