muskrat4_640

 釣り人が釣り糸を垂れているとき、その先の釣り針にかかってほしいモノはほぼ魚、魚介類! つまり、水の中生き物を期待していると思って間違いないよね多分。

 だからもしこんなモノがヒットしちゃったら、誰だってビックリするしかないと思うんだ。こんなモノっていうのは、毛の生えたあったかいあの生き物のことなんだけど……。
 



Fisherman Pulls Muskrat From Under Ice

 ここはアメリカのウィスコンシン州ニューロンドンにある凍てついた沼。北ミシガン大学の学生ニコラス・ジェイムズ・ヨールさんが、分厚く張った氷に穴を開けて釣り糸を垂れていたところ、グイッと確かな手応えが!

muskrat1_640

 今回のお目当てのノーザンパイクか!とワクテカしながら、ニコラスさんが釣り糸を引き上げてみたところ…。

muskrat2_640

 なんと水から上がってきたのは、魚とは似ても似つかぬ毛玉動物だった!
muskrat3_640

 ネズミの仲間のマスクラットさんです。こんにちは。
muskrat5_640

 マスクラットは北米~ユーラシア大陸の北部に広く分布している生き物で、日本でも毛皮用に飼育されていたものが逃げ出して、首都圏で生息しているらしい。

 実はこのマスクラット、水中に落っこって困っていたとか、釣り針に引っかかっちゃったとか、そういうおマヌケな状況にあったわけではない。もともと水中で暮らす生き物で、厚く張った氷の下でも元気に生きているんだそうだ。

 氷の下を自由自在に泳ぎ回るマスクラット

cRAzY Ice Fishing Muskrat!

 しかしこんな冷たい氷の下で、凍えちゃったりしないのだろうか? マスクラットはもともと北米原産で、寒いのには慣れているらしいんだけど、やっぱり氷の下を泳いでいるのを見ると目を疑ってしまうよね。

 今回の映像を最初に見たときは、沼に落ちたマスクラットが助けを求めて来たのかと思っていたので、穴の中に自ら飛び込んでいったときにはちょっぴり唖然としてしまったことを白状しておこう。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52286293.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

盗まれた犬、善意の輪による連係プレーで4日間かけて3200km離れた場所から飼い主のもとへ(アメリカ)
みんな違ってみんな犬!独特の行動を覚えてしまい、楽しくてしょうがないらしい
2019年のベストペットたち・その3~人間みたいに振舞う生き物たち総集編
狼は人間に協力的でフレンドリー。犬はその血を受け継いだ(オーストリア研究)
女優スマイル?カメラを向けると微笑んているような表情を見せてくれるキュートな保護子猫(アメリカ)

―動画の紹介記事―

島には家が1軒だけ。世界最小の居住島「ハブ島」(アメリカ)
折角きれいに雪をかいたのに...除雪車に台無しにされてしまった男性のこの後すぐ!
みんな違ってみんな犬!独特の行動を覚えてしまい、楽しくてしょうがないらしい
2019年のベストペットたち・その3~人間みたいに振舞う生き物たち総集編
ゴミの中から拾った物を34年かけてコレクション。見事なお宝博物館となった(アメリカ)
やったぜアタリが来た!さあ釣れた!と思ったらなんだかモフいやつだった。さてこの生き物の正体は?