旅の情報誌「じゃらん」から「全国温泉地満足度ランキング」の2020年版が公開されました。過去1年に訪れた中で、「満足した」と回答があった人気の温泉地はどこだったのでしょう。雪景色が楽しめる温泉がランクインしていますよ。上位3位をご紹介します!

(C) Shutterstock.com

【3位】乳頭温泉郷 (秋田県) 95.1%

(C) Shutterstock.com

秋田県岩手県にまたがる乳頭山の秋田県側の麓にある「乳頭温泉郷」。泉質の違う源泉をもつの7つの温泉宿が点在しています。7つの湯を巡る「乳頭温泉郷 湯めぐり号」というバスは冬でも運行するので、雪の中でも乳頭温泉郷めぐりが楽しめます。

乳頭温泉、冬ならではの雪景色

(C) Shutterstock.com

一番古い温泉宿は、江戸時代からの古い歴史を持つ「鶴の湯」。冬、雪深くなってくると、本陣入口に雪で作ったかまくら、宿沿いには小さなかまくらが並び、中にロウソクが灯されて幻想的な風景に包まれます。

【鶴の湯】
住所: 秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
TEL: 0187-46-2139
公式サイト: http://www.tsurunoyu.com/



【2位】野沢温泉 (長野県) 95.3%

(C) Venus.1777 / Shutterstock.com

信州の名湯「野沢温泉」の温泉街に点在する13の外湯は、江戸時代から湯仲間という制度で守られてきました。天然温泉100%かけ流しの外湯巡りは、野沢温泉での楽しみのひとつです。

地域に愛される野沢温泉のスポット

(C) lydiarei / Shutterstock.com

温泉街の名物のひとつ「麻釜(おがま)」は、野沢温泉にある源泉のひとつで、熱湯がふつふつと湧き出る場所。天然記念物に指定される奇勝です。麻釜は野沢温泉の台所とも称され、地元の人々が山菜や野菜をここで茹でることもあるそう。日常生活で利用される、地域に密着したスポットです。

【麻釜 (おがま)】
住所: 〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷8713−ロ
公式サイト(野沢温泉観光協会): https://nozawakanko.jp/spot/spot1917/



【1位】奥飛騨温泉郷 (岐阜県) 96.0%

(C) Andriy Blokhin / Shutterstock.com

槍ヶ岳穂高岳、乗鞍岳など、北アルプスと称される中部山岳国立公園の山々に囲まれた「奥飛騨温泉郷」は、平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉、5つの秘湯からなる温泉郷です。冬は雪が積もり、温泉では雪見風呂などの風情を感じることもできますよ。

大自然を感じる雪のアクティビティー

(C) Shutterstock.com

奥飛騨温泉郷にある新穂高ロープウェイは冬でも運行。冬ならではの山の雪景色を堪能できるのはもちろん、高さ3メートルにもなる大迫力の雪の回廊が出現し、スノーシューを楽しめたりと、都会ではなかなか体験できないような冬のアクティビティーが盛りだくさんですよ。

【新穂高ロープウェイ
住所: 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710−58
TEL: 0578-89-2252
公式サイト: http://shinhotaka-ropeway.jp/



今回は、旅の情報誌「じゃらん」が発表した「全国温泉地満足度ランキング」の2020年版から、過去1年に訪れた中で、「満足した」と回答があった人気の温泉地上位3位をクローズアップしました。来年の旅先の参考にしてみてくださいね

参照: https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/travel/nw28798_20191210

[All photos by shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.