1月3日(金)に放送された「プレバト!!才能ランキング」(毎週木曜夜7:00-8:00※1月3日[金]は夜6:00-9:00、TBS系)で実施した、名人・特待生のみが挑む俳句冬のタイトル戦「冬麗戦」の決勝で、横尾渉(Kis-My-Ft2)が初優勝した。

【写真を見る】上品な色合いの着物を着こなす俳句講師の夏井いつき先生

決勝に参戦したのは、予選から勝ち上がった、特待生4級・皆藤愛子(予選1位)、名人10段・村上健志(予選2位)、名人10段・梅沢富美男(予選3位)、特待生5級・北山宏光(Kis-My-Ft2・予選4位)ら4人と、シード権のある名人10段・東国原英夫、名人10段・藤本敏史、名人4段・横尾、名人3段・中田喜子、名人初段・千原ジュニアを合わせた9人。

これまでのタイトル戦では安定して上位に食い込むものの、いまだにタイトルを獲れていなかった無冠の横尾は、決勝戦前に「紅白も出たんで!勢いあるんで優勝イケると思います!」と宣言。まさにその勢いに乗って初優勝を飾り、優勝トロフィーと賞金30万を獲得した。

横尾が詠んだのは「庖丁始都心は計画運休」という一句。横尾は「都心も雪が降って前もって計画運休で電車が動かない。予定もなくなってしまったのでなにやろうかと考えた時に、新しく買った庖丁を買ったからゆっくり久しぶりに料理でもしようかな、と思った句」と句の説明をし、自分の実体験に基づく一句を披露した。

この句を査定した夏井いつき先生は「ゆっくりと丁寧に分析していくとどんどん評価が上がっていくという句でした」と絶賛。“ミスタープレバト”梅沢も「一皮も二皮も剥けましたよ。素晴らしいチャンピオンです!」と称賛した。千賀健永(Kis-My-Ft2)も、「横尾さんががんばっている姿をずっと見てきたし、グループの中でも一番勉強熱心だからこうやって結果が出て本当に…うれしい」と涙ぐむふりでグループメンバーの初優勝を称えた。

なお、今回の冬麗戦では横尾、東国原、村上、梅沢の上位4人が次回タイトル戦のシード権を獲得。名人10段の藤本や今タイトル戦でシード権を獲得していたジュニア、中田らは次回予選からの参戦が決まった。

■ 「冬麗戦」決勝順位

1位 横尾渉(Kis-My-Ft2)「庖丁始都心は計画運休

2位 東国原英夫湯豆腐の湯気アインシュタインの舌」

3位 村上健志「双六の駒にポン酢の蓋のあり」

4位 梅沢富美男「湯豆腐にすの立ちはじむ四方の春」

―――以上、上位4人は次回のタイトル戦のシード権獲得―――

5位 藤本敏史「スイミーの音読二回おでん炊く

6位 北山宏光(Kis-My-Ft2)「湯豆腐くるりくるりと昆布回る」

7位 千原ジュニア「風邪の孫祖母の御飯を平らげる」

8位 皆藤愛子「ほろ酔いの帰路すき焼きの仄かな香」

9位 中田喜子「祝ひ歌山川響くみかん鍋」(ザテレビジョン

優勝トロフィーと賞金30万を手に、笑顔の横尾渉(Kis-My-Ft2)