iStock-860968818_e

Thomas-Soellner/iStock

 抗生物質の発明によって細菌との戦いに勝利したかのように思われた人類だが、圧倒的な適応力を持つ細菌たちは、薬剤への耐性を身につけ始めており、これが世界中で大きな問題となっている。

どの抗生物質も効かないスーパーバグとの戦いの行方を握る鍵は、もしかしたら細菌を殺す攻撃ではなく、防御にあるのかもしれない。

 そこで、カナダマックマスター大学の研究グループは撥水性のハスの葉をヒントに、どんな細菌でも弾くことができる抗菌ラップコーティングを開発した。

―あわせて読みたい―

今後10年内に致死率を高めた疫病によって6ヶ月で3000万人の犠牲者が出るとビル・ゲイツが警告
イギリスの貨幣から抗生物質の効かない細菌「スーパーバグ」が発見され全英に衝撃が走る(※細菌注意)
手術後の人体と糖分が大好き。病院で繁殖する恐怖の細菌が発見される(英研究)
薬が効かない耐性細菌。ゲノムを変化させるだけでなく、変形して抗生物質の目をくらましていたことが明らかに(英研究)
アメリカの医療費問題。一部の人は魚用の抗生物質を人間に使用していることが判明

あらゆる細菌を弾く抗菌ラップコーティング

 カナダマックマスター大学の研究グループが開発した抗菌ラップコーティングは、どんな細菌でも弾くことができる。

 よくある透明なラップに処理をほどこしたプラスチックフィルムで、熱で収縮させればドアの取手、レール、点滴スタンドといった細菌の付着が気になる表面を簡単に抗菌コーティングすることができる。

 病院から家庭のキッチンまで、どんなところにも手軽に使えるので、MRSAやクロストリジウム・ディフィシルなどの薬剤耐性菌による汚染を未然に防ぐにはぴったりだ。

 大腸菌、サルモネラ菌、リステリアといった食中毒の原因になる細菌の汚染を防ぐために、食品のパッケージに利用するなんて使い方もあるという。

iStock-1131003688_e

Manjurul/iStock

ハスの葉の撥水性がヒント


 新型抗菌ラップヒントになったのは、撥水性を持つハスの葉であるそうだ。ナノテクノロジーによって表面に微細なシワを作り、分子が付着しないような仕組みになっている。

 ここに水滴や血などを垂らしてみると、落ちた瞬間ぴょんとバウンドしてしまう。細菌だって同じように弾かれるので、表面に付着することができない。

 化学的な処理をほどこすことで撥水性はさらに高められており、柔軟で耐久性があり、しかも低コストで製造できる仕上がりになっているとのことだ。

giant-leaf-1556769_640_e

PIRO4D from Pixabay

防御こそ最大の攻撃?


 MRSA緑膿菌は特にやっかいな耐性菌として知られている。

 実験でこれらが新型抗菌ラップコーティングに付着するか試してみたところ、電子顕微鏡でチェックしても事実上汚染は発見されなかったという。

 「企業でもご家庭でもどんな状況にも利用できると考えています。薬剤耐性菌が世界中で大問題になっていますので、これが重要な抗菌ツールになってくれればと思います」とトーヒード・ディダール氏は述べる。

 1928年にペニシリンが発見されて以来、抗生物質は医療の発展に大きく貢献してくれたが、乱用されたために耐性菌という新しい問題を作り出してしまった。

 敵を殺すのではなく、そもそも最初から寄せ付けない――そんな発想が問題解決の糸口になるかもしれない。

 この研究は『ACS Nano』(12月13日付)に掲載された。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285729.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

2枚のコンピューターチップ間で初の量子テレポーテーションに成功。情報を瞬間転送(英・デンマーク共同研究)
バック・トゥ・ザ・フューチャーの名物車、デロリアンが自動運転車に改造され華麗なドリフトを決める
逆にロボットが動き回り電気自動車を探して充電してくれるというモバイルロボット(フォルクスワーゲン)
逆に1億1000万円支払らうことで実験台になれる、20歳若返らせるための遺伝子療法の治験(アメリカ)
目に見えないインクを使ったタトゥで予防接種を受けた子供を識別(米研究)

―知るの紹介記事―

40トンの岩石に刻まれた刻印の意味は?今だ未解明、ダイトン・ロックの謎
ハイテク機器を駆使して行方不明のペットたちを探す凄腕のペット探偵(中国)
橋の手すりを覆い尽くす衣類。ホームレスを厳しい冬から守るために地域住民が持ち寄って支援(スコットランド)
「猫は飼い主を自ら選んでいる」は本当だったかも!?保護された猫に関する13のちょっといい話
社会不安レベルの高い人は、他人の嫌そうな顔に過敏に反応してしまう(イスラエル研究)
スーパーバグを含むあらゆる形態の細菌をはじく抗菌ラップコーティング剤が開発される(カナダ研究)