1月3日放送の『VS嵐2020 賀正 新春豪華3時間スペシャル』(フジテレビ系)に福岡ソフトバンクホークスラグビー日本代表が参戦して「三つ巴対決」を行った。2019年プロ野球日本シリーズで優勝したソフトバンクからは内川聖一松田宣浩今宮健太甲斐拓也周東佑京甲斐野央の6選手、ラグビーW杯2019日本大会で8強入りした日本代表から田中史朗、田村優、稲垣啓太、福岡堅樹、坂手淳史、松田力也の6選手が出場、嵐の大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤アトラクションゲームで得点を競った。

野球だけに投打を得意とするソフトバンクチームが、ボールを蹴ってターゲットの缶を倒す「キッキングスナイパー」でラグビー日本代表チームのお株を奪う高得点を上げれば、「クリフクライム」や「ピンボールランナー」でも大活躍。特別企画「10メートル走対決」ではソフトバンク周東佑京ラグビー・福岡堅樹嵐・相葉雅紀が競争して周東が勝利、さらにボウリングボールを投げてベルトコンベアで流れてくるピンを倒す「ボンバーストライカー」ではソフトバンクチームオールパーフェクトを達成するなど圧倒的な強さを見せた。

視聴者からはTwitter上で「vs嵐のラグビー日本代表ソフトバンクめっちゃおもしろい ソフトバンク何でも強すぎて」、「ソフトバンクボーリングえぐw カーブえぐw」、「VS嵐見ててソフトバンクキラキラ感半端ないと思った笑」と反響があったほどだ。

ところがそれまでの順位からソフトバンクチーム4人、嵐チーム3人、ラグビー日本代表チーム2人が出場した決勝戦では、相葉雅紀アイドルらしく“持ってる”ところを見せつけたのである。

とはいえ、ソフトバンクでは甲斐野央がIKKOのものまねを披露したり、周東佑京がムチャ振りされてあいみょんの『マリーゴールド』を熱唱。ラグビー日本代表“笑わない男”稲垣啓太が「笑えないから外食とかできないでしょう?」と聞かれ「最近はウーバーイーツばかりです」と答えて笑わせ、福岡堅樹は「試合中もカメラ映りを気にしている」と意外な一面を明かされるなど、バラエティとしての爪痕もしっかり残せたのではないだろうか。

ちなみにソフトバンクチームに参加したお笑い芸人・原口あきまさインスタに「『vs嵐』鷹軍大健闘 ラグビー 日本代表の皆様にも感謝∞」「最高なゲーム展開でした」と集合写真を投稿したところ、フォロワーから「強いですね、皆さん! いいプレイ続出」、「高田純次モノマネ最高でした!!」、「見てたよ、相変わらず似てる 松田選手面白い人…」などのコメントが寄せられた。

画像は『原口あきまさ 2020年1月3日Instagram「「vs嵐」鷹軍大健闘 ラグビー 日本代表の皆様にも感謝∞」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト