実力があれば新卒と中途の差はない

実力主義の会社と聞くと、厳しい環境で働かざるを得ない状況をイメージする人もいるかもしれない。企業口コミサイト「キャリコネ」にも

「実力主義の会社であるため、年相応の給与額をもらえていない社員も中にはいます。20代が40代の社員の収入を超えることもあります」(代理店営業/20代後半/女性/正社員 /年収500万円)

といった声が寄せられている。シビアな世界に思えるが、その分"実力主義ではない会社"では考えられないような爆発性もあるようだ。【参照元:キャリコネ】

「売上を上げた人が課長になるという風土」

「中途・新卒の社員全員にチャンスがあり、失敗してもお咎めをもらうような風土ではない。ただ売上のみを重視するものではなく、360度評価で理念の体現化も求められるので、売上至上主義ではない」(企画営業/30代前半/男性/正社員/年収580万円)
「勤務歴や年齢も考慮はしてもらえるが、年功序列というよりは実力主義に近い評価制度。しっかり結果を出せば20代1000万円の年収を得ている社員もいる」(広報/20代後半/男性/正社員/年収520万円)

実力主義の会社では、年功序列という概念は薄そうだ。売上至上主義については意見が別れたものの、誰でも可能性は十分に広げられるという大きな特徴がみられた。

「新卒2年目の課長が誕生しています。実力主義というか、売上を上げた人が課長になるという風土です。基本的に営業の方が出世は早い」(法人営業/30代前半/女性/正社員 /年収600万円)
「新卒と中途に出世や待遇の違いはほとんどない。営業か事務かという『職種』ごとに給与体系の設定があるくらいで、あとは実力主義」(司法書士・行政書士/30代前半/男性/正社員/年収500万円)
「新卒・中途でのキャリアの違いは出にくい会社といえます。むしろ、実力主義の会社ですから新卒の方が少し不利かも。評価、活躍するまでに時間は要すると感じます」(人事/30代後半/男性/正社員/年収400万円)

「新卒と中途採用に差がない」という声も多かった。ただ、キャリア面を比べてしまうと、やはり中途採用に分があるだろう。職種別にみると、事務職より、営業関連職の方が実力主義の傾向が強いことがうかがえた。

実力主義ではない会社「古い体質で年功序列」「経営陣へのゴマすりがポイント」

「実力主義ではない。仕事ができる云々は関係ない。何も協力的ではない。年功序列で気に入れられたら、出世は早い」(電気・通信設備施工管理/40代前半/男性/正社員/年収600万円)
「実力主義ではなく、古い体質で年功序列。仕事で成果を出しても給料や昇格に反映されない。大卒の本社採用は幹部候補。高卒の支店採用はよくて係長」(建築・設備関連職/30代後半/男性/正社員/年収850万円)
「根本的に能力や実力主義ではない。いかに経営陣にゴマをすれるかが評価のポイント飲み会を企画する、定例会には必ず参加する、プロジェクトの立ち上げで頑張っている姿を見せるなど。プロジェクトの結果は関係ないです」(プログラマ/30代前半/男性/正社員/ 年収380万円)

一方、実力主義ではない会社は、年功序列のケースが多かった。せっかく仕事で成果を出しても、評価が年齢に左右されてしまうのは悔しそうだ。学歴や上司へのゴマすりがポイントになるという声もあった。【参照元:キャリコネ】