2020年4月19日(日)~29日(水)にTBS赤坂ACTシアター、その後、2020年5月9日(土)~10(日)にCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される舞台『タンブリング』2020メインビジュアルが公開された。

男子新体操テーマにした今作は、高野洸が演じる野村朔太郎ら航南高校メンバーは、黒地に炎をあしらった情熱的なユニフォーム、 西銘駿が演じる北島晴彦ら悠徳高校メンバーは、白地に青い稲妻をイメージしたクールユニフォームとなっている。 舞台『タンブリングシリーズで、ユニフォーム姿のメインビジュアルは初となり、両校がユニフォーム姿で対峙し、大空に舞う躍動的なビジュアルは、男子新体操を通して夢や友情を育んでいく熱い青春ストーリーを予感させる。

2010年4月、TBS系土曜日8時に放送された青春ドラマタンブリング」。知られざる “男子新体操”の魅力を描き、俳優陣が吹き替え一切なしで男子新体操に挑む姿も、多くの視聴者を感動させた。その後、同年9月にドラマの主要キャストだった大東駿介主演で舞台化。翌年のvol.2では若手実力俳優の菅田将暉を起用し話題に。vol.3では柳下大、 vol.4では中尾明慶FINAL では松下優也を主演に据え、その他にも千葉雄大や志尊淳など話題のキャストを起用した。舞台ならではの男子新体操団体のダイナミックな動きと華麗なダンス、胸を熱くさせる青春ストーリーで観客を魅了し、エンターテインメント業界をけん引する、多くの人気俳優を輩出してきた。

メモリアルイヤーの2020年に舞台『タンブリング』が復活することになるが、若手俳優陣を迎え、新たな感動の渦を巻き起こすだろう。