写真提供: Gettyimages

1月1日に冬の移籍市場がスタートして以降、すでに数多くの選手が移籍を果たしている。ミランに加入したズラタン・イブラヒモビッチリバプールに加入した南野拓実は、中でも大きな注目を集めている。

しかし、中にはそれなりの知名度があるものの、移籍が大きく注目されなかった選手たちがいる。今回は、あなたが見落としているかもしれない今冬移籍した3選手をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

カルレス・アレニャ

移籍先:レアル・ベティス(レンタル

ユース時代から注目を集め、2018/2019シーズンバルセロナトップチームデビューを果たしたアレニャ。しかし、今シーズンフレンキー・デ・ヨングの加入などもあり出場機会が激減。昨年12月27日レアル・ベティスへ、シーズン終了までのレンタルで移籍することが決まった。


写真提供: Gettyimages

バロン・ベーラミ

移籍先:ジェノア

昨年10月に母国スイスシオンを退団したベーラミ。セリエAを中心に活躍を続けてきた実力者は、3ヵ月ばかり未所属の状態となっていた。しかし、今月2日にジェノアフリーで同選手を獲得したことを発表。活躍の場は再びイタリアとなった。


写真提供:Gettyimages

ユリアン・バイグル

移籍先:ベンフィカ

2015年1860ミュンヘンからボルシア・ドルトムントに移籍したバイグル。期待の若手として注目され、アンカーポジションとしてスタメンの座を勝ち取った。

しかし、トーマス・トゥヘル監督がクラブを離れると、バイグルの出場機会も激減。移籍の噂も少なくなかった。そのバイグルを獲得したのはベンフィカ。昨年の大晦日に獲得が発表された。