1月9日ジャガーランドローバージャパンは、フェイスリフトを受けたジャガーの新型「Fタイプ」の受注を開始した。税込車両価格は865万円〜1737万円だ。

h23.0Lエンジン搭載車には発売初年度限定の「ファーストエディション」を設定

 新型「Fタイプ」ではエクステリアデザインが大きく変化しており、ひと目でジャガーとわかる佇まいを受け継ぎつつ、より筋肉質でドラマチックモデルに進化している。

 標準装備となったスリムなプレミアムLEDヘッドライトと、刷新したクラムシェル・ボンネットグロスブラックメッシュ仕上げのフロントグリルが、力強くシャープインパクトのある印象をフロントに与え、リアのデザインジャガー初の電気自動車「Iペイス」から導入されテイルLEDケイン・シグネチャーライトと、軽やかに流れる曲線が相まって、エレガントなアピアランスを実現。

 インテリアは、ジャガーの伝統的なクラフトマンシップと先進機能を兼ね備え、よりラグジュアリーで洗練された空間に。

 12.3インチのインタラクティブ・ドライバーディスプレイが標準装備となり、より快適で洗練されたドライブ環境を実現するだけでなく、ジャガーの設立年を示す「JAGUAR Est. 1935」のデザインがグローブボックスのボタンセンターコンソールフィニッシャーとシートベルトガイドに施され、70年以上スポーツカーを作り続けているジャガーの歴史が体現された。

 エンジンは、300psと400Nmを発する2.0L直列4気筒「インジニウム」ガソリンエンジン、380psと460Nmを発揮する3.0LV型6気筒ガソリンエンジン、575psと700Nmを引き出す5.0LV型8気筒ガソリンエンジンの全3タイプを設定。5.0LV型8気筒エンジンは、最高出力がこれまでの550psから575psにアップし、0-100km/hは3.7秒を実現している。

 さらに発売初年度は限定モデルファーストエディション」を設定。3.0LV型6気筒ガソリンエンジンを搭載した「R-ダイナミック」がベースで、エクステリアデザインパックやコントラストルーフ、ウィンザー・レザー仕様の12ウェイ電動パフォーマンスシート、そして特別なトレッドプレートが装備される。ボディカラーは3色(サントリーブラックアイガグレー/フジホワイト)から、インテリアカラーは2色(エボニー&ライトオイスターステッチ/マーズ&フレームレッドステッチ)から選ぶことが可能だ。

●新型ジャガー「Fタイプモデルラインナップ
[2.0Lエンジン車]
・Fタイプ・クーペ:865万円(FR)
・FタイプRダイナミック・クーペ:933万円(FR)
・FタイプRダイナミック・コンバーチブル:1101万円(FR)

[3.0Lエンジン車]
・FタイプRダイナミック・クーペ:1237万円(FR)/1490万円(AWD
・FタイプRダイナミック・コンバーチブル:1490万円(AWD
・Fタイプファーストエディション・クーペ:1454万円(AWD
・Fタイプファーストエディション・コンバーチブル:1611万円(AWD

[5.0Lガソリン車]
・FタイプRクーペ:1590万円(AWD
・FタイプRコンバーチブル:1737万円(AWD

※価格は消費税込み