写真提供: Gettyimages

 現在、リバプールが独走状態にあるプレミアリーグ。3連覇を目指していたマンチェスター・シティだが、リバプールの勝ち点差「17」と優勝は難しい状態だ。

 そんなシティは今夏で元スペイン代表MFダビド・シルバブラジル代表MFフェルナンジーニョが退団予定。選手の入れ替わりは多くなることが予想されている。そこで今回はシティが今夏狙っている選手たちを補強ポイントとともに紹介する。


センターバックの補強

 リバプールに独走を許した一つの要因と言えるのが、最終ラインの要だったフランス人DFアイメリック・ラポルテが長期離脱。シティはMFフェルナンジーニョがCBをこなすなど対応してきたが、人員が足りてないのは確かだ。

 今年の夏の移籍市場で、ラポルテの相棒を探すとも言われているシティ。現時点で候補に挙がっているのはベンフィカポルトガル代表DFルベン・ジアスやビジャレアルスペイン代表DFパウ・ロペスら若手選手が浮上している。

写真提供: Gettyimages

ルベン・ジアス
所属:ベンフィカ
年齢:22歳

写真提供:Gettyimages

パウ・トーレス
所属:ビジャレアル
年齢:22歳


左サイドバックの補強

 シティの補強候補として左サイドバックも浮上している。左SBを務めるフランス代表DFバンジャマン・メンディは負傷回数も多く1年間安定してプレーできるか不安が残る。

 そんなシティはレスター・シティに所属するイングランド代表DFベン・チルウェルの獲得に関心を寄せている。

写真提供:GettyImages

ベン・チルウェル
所属:レスター・シティ
年齢:23歳


サネが移籍した場合のウィンガー

 バイエルンミュンヘンへの移籍の噂が報じられているドイツ代表MFレロイ・サネ。現在は怪我で離脱中だが、夏の移籍市場で移籍する可能性が浮上している。

 そんなサネが移籍した場合、シティはレアルソシエダのスペイン代表FWミケル・オヤルサバルを獲得する可能性が浮上している。

写真提供:Gettyimages

ミケル・オヤルサバル
所属:レアルソシエ
年齢:22歳


ダビド・シルバの後釜

 今季限りでシティを退団することを表明しているシルバ。長きに渡りシティを支えてきた同選手の後釜を今夏獲得すると見られている。

 そんなシルバの後釜候補にはアトレティコ・マドリードスペイン代表MFサウール・ニゲスが浮上。しかし、シティには19歳のU-21イングランド代表MFフィルフォーデンを育てる選択肢も残されている。

写真提供:Gettyimages

ウール・ニゲス
所属:アトレティコ・マドリード
年齢:25歳


ジェズスに代わるストライカー

 2017年1月の移籍市場でシティに加入したブラジル代表FWガブリエル・ジェズス。今年の4月で23歳になる同選手はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ後継者として期待されている選手だが、2番手という立ち位置は揺るがないままだ。

 具体的な獲得選手の名前は浮上していないが、アグエロの年齢的にも今夏の移籍市場でシティがしびれを切らし、新たなストライカーを獲得する可能性もありそうだ。

写真提供:Gettyimages

ガブリエル・ジェズス
所属:マンチェスター・シティ
年齢:22歳