全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称「春高バレー」は12日に決勝が行われ、男子は東山(京都)が駿台学園(東京)をストレートで下し、初優勝を飾った。

京都府京都市にある東山は各種スポーツで実績を残している私立の男子校サッカーも府内屈指の強豪で、日本代表MF鎌田大地を輩出したことでも知られている。

そんな東山が今回の春高バレー優勝を決めた後にやったパフォーマンスが話題となっている。

実はこれ、Jリーグロアッソ熊本の“勝利のチャント”としてお馴染みの『カモンロッソ』。ロッソとはイタリア語で「赤」の意味だ。

どうやらチームカラーが赤の東山高校サッカー部が同じように“勝利のチャント”として歌いだしたようで、ノリの良さなどから他の部にも波及。今や東山の代名詞ともなっており、野球部が出場した甲子園でも歌われたことがある。

こちらが本家・ロアッソ熊本の『カモンロッソ』。東山バージョンに比べてテンポゆっくりめだ。

試合に勝利した際にサポーターと選手で一緒に歌うほか、試合中にも使用。しかもその際、チームが自分たちのゴール裏側に攻める時は『カモンロッソ』、相手のゴール裏側に攻める時は歌詞を少し変えて『レッツゴーロッソ』と歌い分けている。

相手サポーターが「引き分けの時もやってほしい」というほどの『カモンロッソ』。今シーズンロアッソ熊本の試合を観戦する際はぜひこの名物チャントにも注目してほしい。

春高バレー初優勝の東山!Jリーグ熊本由来の名物チャント『カモンロッソ』がかっこいい