リンジー・ローハンの母ディナ・ローハンが、ニューヨークの路上で接触事故を起こした。ディナは現場から逃走を試みるも、被害者がロングアイランドの自宅まで追跡。ディナは通報を受け駆けつけた警察官により、無免許および酒気帯び運転などで逮捕された。

この親にしてこの娘あり―そんな言葉が囁かれるようになって久しい“お騒がせ母娘”のリンジー&ディナ・ローハン。娘のリンジーは天才子役と騒がれるもスキャンダル続きで次第に干されるようになり、近年は海外のリアリティ番組や映画に出演するなど細々と活動している。現在はオマーンの首都マスカット在住のリンジーは、昨年大晦日の米テレビ番組に出演した際に「2020年は米国に戻り女優業を本格的に再開する予定」であることを明かしていた。

リンジーが母国での仕事再開に意欲を覗かせていた矢先、母親がまたスキャンダルを起こしてしまった。事件が起こったのは現地時間11日、ニューヨークロングアイランドのショッピングモール付近でディナ・ローハン(57)は税金滞納により現在免許停止処分中にもかかわらず車を運転、自身の乗っていたメルセデス・ベンツを前方車両後部に接触させたそうだ。しかもそのまま現場から逃走したという。

被害者は逃げるディナを追うとともに警察に通報。取り調べにあたった警察官は、ディナがうつろな目つきでアルコールの臭いをプンプンさせ、ろれつも回らない状態だったと明かしている。またディナは車を降りる際に地面に転げ落ち、それを警察官のせいにしようとしたり、飲んだのはグラス1杯のワインだけだったなどと主張していたという。現場での飲酒検査を拒否したディナは、その場で無免許および酒気帯び運転で逮捕された。

酒気帯び運転での逮捕は2013年9月に続き2度目となるディナだが、今回は事故現場からの逃走や車両登録の失効など、合計6つの罪に問われている。弁護人によればディナは自己誓約書に署名したのち翌12日に保釈されたとのこと、今週中に出廷予定という。

今年は“お騒がせセレブ”の汚名を返上しようとやる気を見せていたリンジー・ローハンであったが、年明け早々から実母に出鼻をくじかれるという幸先の悪いスタートになってしまったようである。
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト