強盗(eanRee/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ドラッグストアに強盗に入った男が、店員にそっとメモを差し出した。それを読んだ店員はすぐにレジからお金を出し男に渡したが、強盗犯を「犯罪者であることは確かだが、気の毒に思う」と同情する声もあがっている。

■突然起きた強盗事件

1月3日、米国・フィラルフィアにあるドラッグストアにある男が訪れる。男は棚から商品をひとつ選ぶなりレジ係のもとに向かい、メモを差し出す。

そこに書かれていた内容は「ありったけのお金を差し出してください」「申し訳ありません、でも僕の子供が病気を患っているのです」というもので、15秒以内にお金を袋に詰めてほしいとも書かれていた。

関連記事:片言の日本語で外国人のフリ コンビニ強盗で逮捕の男に呆れと諦め

■お金を持ち出て行った男

武器で店員を脅すこともなく、袋に詰められたお金を受け取るなり静かに店を後にした男。顔を隠すことさえせず、30~40歳とみられ「ひげを生やした黒人男性だった」とも報じられている。

実際にいくらのお金が男に渡ったかわかっていないが、監視カメラの映像が公開されると「悪そうな人には見えない」「よほど困っていたのだろう」と男に同情する声も少なからず上がった。

■警察のコメント

グレーフード付きジップアップパーカーデニムジーンズ、黒のスニーカー、手袋と野球帽を身に付け、リュックを背負った男は徒歩で逃げた。

警察は「お金に困っている人も確かにいるのです」「しかし、このような方法に頼るのは間違っています」とコメント。さらに「病気の子供がいるのであれば、それなりの援助を受けられる可能性があります」「しかしまずは容疑者の自首が先です」とも話している。

■似たような事件も

ちなみに米国では数ヶ月前にやはりある男が店に現れ、銃を店員に見せたうえで「腎臓移植が必要な娘がいる」「なのにお金がない」と述べてお金を要求。

日本円にして数万円を手渡されたものの「だめだ、こんなことをしても無駄だ…」と肩を落とし、お金は受け取らぬまま店を後にした。こちらもけが人はゼロだったといい、容疑者はまだ逮捕されていない。

・合わせて読みたい→「男で稼げないならクズ」「金がなくなったら離婚」 加藤紗里の発言が物議

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

薬局へ強盗に入った男 店員に「病気の子がいる」と書かれたメモ渡す