和歌山県紀の川市(市長:中村愼司)は1年中フルーツを楽しめるフルーツ王国です。その魅力を全国に発信するべく、この度紀の川市の名産であり全国で生産量1位の「はっさく」を贅沢に、お湯に浮かべた「フルーツ湯」を京都、大阪の銭湯で、2020年1月25日(土)より期間限定でオープン致します。
 


 紀の川市は、1年中フルーツの収穫期であることから「フルーツ王国」と呼ばれており、中でも「はっさく」は全国1位の生産量を誇り、国内生産量の70%を占めています。はっさくの皮に含まれるリモネンという成分には、細胞活性化、免疫力アップ、血行促進などの美容効果が期待できます。その「はっさく」を贅沢にお湯に浮かべた特別銭湯を、京都・大阪の銭湯ご協力のもと期間限定でオープン致します。
 紀の川市のロゴ“住いも甘いも紀の川市”をはっさくレーザー印字した「隠れフルーツ」もご用意しており、浮かんだはっさくの中から探す楽しみもあります。また、「はっさく」にちなみ、期間中839(ハッサク)個のはっさくプレゼントをご用意しておりますので、ぜひお近くの銭湯に足を運んでみてください。

■「フルーツ湯」企画概要
ご協力店舗
【大阪】
くつろぎの郷 湯楽
スパスミノエ
【京都】
京都タワー大浴場~YUU~
壬生温泉 『はなの湯』
京都伏見 力の湯
スケジュール
1月25日(土)・1月26日(日)
京都タワー大浴場~YUU~
・くつろぎの郷 湯楽
2月1日(土)・2月2日(日)
・壬生温泉 『はなの湯』
・スパスミノエ
2月8日(土)・2月9日(日)
・京都伏見 力の湯

■日本が誇る「フルーツ王国・紀の川市はっさく
 和歌山県はっさく生産量・栽培面積は、全国1位(国内生産量の約70%)です。その県内でも生産量1位を誇るのが紀の川市です。紀の川市の温暖な気候は、寒さに弱いはっさくの栽培に適しています。
 はっさくにはビタミンCが豊富に含まれ、果実1個で成人が1日に必要なビタミンCを摂取できます。疲労回復を早める効果や大腸がん・肝臓がん・肺がんなどの多数のがん抑制効果が確認されています。直接皮を食べることは難しいですが、ジャムマーマレードなどに加工することで、皮まで食べることができ、余すことなく楽しめるフルーツです。

■「住いも甘いも紀の川市プロジェクト

 和歌山県紀の川市(市長:中村愼司)は、紀の川市の交流人口の増加及び移住定住への関心の促しに向け、本市へのファン化を目指したシティプロモーション「住いも甘いも紀の川市」を実施しております。

 市内外に向けた情報発信を行っていくためのブランドコンセプトとして、紀の川市の強みでもあり、シティプロモーションの軸となる「フルーツ」。また、住みよいまちであることのPR、移住・定住の要素も踏まえた「住」。「魅力あるフルーツがある」「住みよいまちである」これら2つの押しどころを印象に残るフレーズとして組み合わせ「住いも甘いも紀の川市」としました。

 「地域資源を活かした魅力あるまち」「魅力ある仕事・職場のあるまち」「若い世代から選ばれるまち」「安心安全で暮らし続けたいまち」の4つの基本目標を軸に、フルーツ産地としての競争力強化や就農支援、子育て教育環境の整備など様々な取り組みを行っていく予定です。
今後も「魅力あるフルーツがある」「住みよいまちである」紀の川市の取り組み情報を継続的に発信していきます。

配信元企業:紀の川市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ