13日午後1時ごろ、中国西部の青海省西寧市城中区の公共バスの停留所付近で地盤沈下が発生し、道路が陥没した。大きな穴が、バスと乗客を飲み込んだ。市政府によると、14日午前の時点で少なくとも6人が死亡、10人が行方不明、16人が負傷した。

公開された防犯カメラの映像によると、赤十字長城病院前の停留所に到着したバスから乗客が乗下車している最中、突然、バスが前方から沈み込み込み、数メートルの穴が開いた。長さ10メートルはある公共バス車体が穴に落ち、周辺にいた乗客らも落下した。

目撃者の話によると、複数のバス乗用者が落下直後、救助された。バスが落下した際、細いガスパイプが破損し引火したため、一時的に発火と黒い煙が起こった。新京報ネットによると、陥没により約80平方メートルの面積の道路が崩壊した。

14日正午までに、市政は6人の死亡を確認した。10人の行方が分かっていない。

(翻訳編集・佐渡道世)

1月13日、中国西部の青海省西寧市城中区の公共バスの停留所付近で地盤沈下が発生し、道路が陥没した。多数のバス乗客を飲み込んだ(目撃者撮影)