cover_e10


 2019年12月26日の朝、中東カタールの海面に角が生えたような珍しい光景が捉えられた。

 これは、金環日食と日の出が同時進行した時に起こる現象で、カタールでは「邪悪な日の出」や「悪魔の角」と呼ばれているという。

 しかしそれらの名に反して、水平線上に現れた美しい三日月上の深紅色の太陽は、その写真を見た多くのSNSユーザーらを感動させた。見事な写真撮影に成功したアマチュア天体写真家の男性は、「今まで見た中で最も美しい日の出だった」と語っている。

―あわせて読みたい―

世界各国のお空に輝く 金環日食・ダイアモンドリング
オーストラリアで今月観測された、金環日食。これがファイアーリングか!
金環日食と皆既日食が同時に訪れる「ハイブリッド金環皆既日食」の美しい動画
アメリカで50年振りとなる皆既日食「グレート・アメリカン・エクリプス」が8月21日にやってくる。その詳細なスケジュール
知られている記録の中で最も古い、世界で初めて撮影されたとされる皆既日食動画

水平線から悪魔の角の形をした太陽が現れる

 ギリシャのアテネに住むアマチュア天体写真家のエリアス・シャシオティスさんは、12月26日に中東カタールのアル=ワクラにある沿岸都市を訪れた。彼がその地を訪れたのには、ある目的があった。

 子供の頃から天文学に惹かれ、過去15年間はアマチュアの天体写真家として活動してきたシャシオティスさんは、この日、美しい日の出を撮影するため、意図的にその場所を選び、水平線上に現れる日食の完璧な瞬間を捉えようと試みた。

 果たして、太陽が水平線上に昇り始めた時、同時進行で金環日食(月が太陽の中央を覆い、周りが金環のように見える日食)が起こった。

 まるで海を貫通している赤い角のように見える太陽は、実際に見たシャシオティスさんの心を震わせたことだろう。

 その後、太陽はすぐに三日月の形になり、「エトルリアの花瓶」と古代の人々が名付けた蜃気楼効果を見せた。

「今までで見た中で、最も素晴らしい日の出」

 カタールまで飛び、この撮影に挑んだシャシオティスさんは、フレーム内に飛行機カモメの姿も捉えたかったため、高ISO、低シャッタースピードの連続撮影を選択。そして、見事な日の出シリーズを撮影することに成功した。

 シャシオティスさんは、自身のFacebookでこれらのミステリアスかつ完璧な日食と日の出の瞬間の写真をシェアし、次のように綴った。

この日の朝、南東部は雲が低く、空一面に霞がかかって天気があまり良くなかったので、いい写真が撮れないのではと心配しました。

環状相が雲に遮られてしまいましたが、赤い三日月の日のでは、今まで見た中で最も素晴らしいものでした。

「黄金の牙」の撮影にも成功

 シャシオティスさんは、太陽の上側を削っていた月の影が下側に移動した様子もしっかりとカメラに収めた。雲間から垂れ下がるその光景は、まるで金色の牙のようにもみえる。

 また、高く昇った太陽が月の影と見事重なり、美しい光の輪を生み出している。その横を飛行機が飛んでいる様は、非常に幻想的だ。

 シャシオティスさんにとって、心残りだったことは金環日食中に雲がかかってしまったこと、雲の後ろから再び現れた太陽は、リング状ではなく三日月だったことだ。

 しかし、この撮影には非常にやりがいを感じたと話している。

今、私は2020年6月に起こる金環日食12月皆既日食を楽しみにしています。皆既日食は、自然の中で最も素晴らしい光景です。

 Facebookシェアされた“赤い悪魔の角”はたちまち拡散。100%正真正銘の本物であることを知ったユーザーらからは、「一生に一度のベストショットだね」「ビキニトップに見えた」「美しすぎる」「素晴らしい写真をシェアしてくれてありがとう」といったコメントが寄せられている。

 エヴァンゲリオンアニメに登場してもおかしくない使徒感あふれる光景でもある。昔一度でいいからこんな光景を肉眼で見てみたいものだ。

References:Colossalなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52286669.html
 

こちらもオススメ!

―画像の紹介記事―

「今日猫を飼うことにしたら、こういう肉球だった!」Reddit民、肉球マシマシの猫に大喜び
4歳で絵の才能に目覚めたドイツの美少年、7歳にしてピカソの再来と言われるも、本人はサッカー選手になりたいらしい
天使と悪魔を行ったり来たり。謎めいた猫の19の行動
感じる...ただならぬ気配の元をたどったところ、隣に住む犬に塀の穴からのぞかれていた件
むしゃくしゃしてやった、反省はしていない。飼い主が1週間かけて作ったレゴのドラえもんを一瞬にして破壊した猫

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

オーストラリアの森林火災が世界の気候パターンに悪影響を及ぼす恐れ
筋肉を強化したマイティー・マウスが宇宙から地球に帰還(NASA)
深まる宇宙の謎。深宇宙から地球へ発せられていた「高速電波バースト」の1つが消失、その理由は?
絶対に見逃せない!2020年に実施される4分野の宇宙探査ミッション
地球の海水が減っていくとどうなる?大陸シミュレーション動画(JAXA)
海面から突き出た巨大な赤い角。「悪魔の角」と呼ばれる気象現象が確認される(カタール)