READYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:米良はるか)が運営する自治体向けクラウドファンディング「READYFOR ふるさと納税」にて、新たに沖縄県宮古島市がプロジェクトを開始いたします。クラウドファンディングを通じて集める寄附により、『エコアイランドパスポート』を発行し観光マナー周知を目指します。

当社の「READYFOR ふるさと納税」は、返礼品重視の従来のふるさと納税とは異なり、「資金用途」を明確にし、共感を集めることで資金とファンを集めるクラウドファンディングの特徴を自治体向けに展開したプログラムです。
(READYFOR ふるさと納税URLhttps://readyfor.jp/lp/furusato_shien/index.html
沖縄県では、「沖縄離島の急病患者を救うために医療用飛行機を購入したい!」というプロジェクトで3,500万円以上集めるなど、これまで沖縄県全体でも約2億円のクラウドファンディング活用が進んでいます。当社として、今回のプロジェクト開始を通じて、さらに宮古島市での「想いの乗ったお金の流れを増やす」取り組みを行なってまいります。


プロジェクト概要
「宮古ブルー永遠に。島民と観光客をつなぐエコパスポート制作!」

実行者 :宮古島市(市長 下地 敏彦)
目標金額:201万円
形式 :ふるさと納税型/All or Nothing ※目標金額に達した場合のみ、集まった資金を受け取れます。
公開期間:2020年1月14日(火)~3月13日(金)23時
資金使途:エコパスポート製作費など
プロジェクトURLhttps://readyfor.jp/projects/miyakojima
概要 :いつまでも住み続けられる豊かな島づくりを目指す「エコアイランド宮古島宣言」をしてから10年以上が経った今、オーバーツーリズムという言葉が聞かれるほど、観光客が増加し、ポイ捨ても増え、自然環境の悪化なども指摘され始めています。観光客のみなさんに空港などで、エコツーリズムや観光マナーやエコなアクティビティ紹介する「エコパスポート」を制作し配布し、持続可能な島づくりを進め、観光客のみなさんにもこれから先もずっと楽しんでいただける島づくりを目指します。

■市長からのコメント
宮古島市は、平成20年3月31日に「エコアイランド宮古島」を宣言しました。宣言から10年を迎えた平成30年には、市民の皆様と共に創るエコアイランドを目指して、「千年先の、未来へ。」の標語を作り、2030年2050年ゴールを定めたエコアイランド宮古島宣言2.0を発表しました。観光客が急速に増える中、今後は、市民のみならず観光客の皆様とも一緒になってエコアイランドを創っていく必要があると考えております。
その為の第一歩として、READYFOR株式会社と連携し、クラウドファンディングを通じて集まった寄附を活用して、「エコパスポート」の制作に挑戦いたします。
エコパスポートは観光客の皆さまが持つことで、「エコアイランド宮古島」滞在時の心得を知ることが出来るほか、環境を大切にする観光客であることを示す証(あかし)となるものです。
エコアイランドと観光を両立させるための啓発ツールとして、東洋一と言われる「宮古ブルー」を守るために、宮古島市として初めてのクラウドファンディングに挑戦します。
ぜひ皆さまのご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営しています。2011年3月のサービス開始から1万件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から約100億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、小学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2020年1月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

配信元企業:READYFOR株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ